人気ブログランキング |

5月10日

 今日は校庭が、交通安全教室で使えなかったので、体育を体育館でやりました。今の単元ではないのですが、以前からこの子たちにも紹介したかった『タッチラグビー』をすることにしました。やってみるとバスケの感覚が抜けなくて、前にパスを出したり走っていいのに走らなかったりというのが最初の数回続きました。でも、何度かやっていくうちにうまくすり抜けてトライできる場面も出てきました。練習時間などはとれませんでしたので、紹介程度に終わってしまいましたが、こうした新しいものを紹介すると、すぐにはうまくできないのでなかなか乗り気にならない子と、今までとは違うのでできるようになりたいと意気込む子と両方のタイプがいるように感じます。こちらとしては、後者のタイプの子がたくさんいるといいなとは思います。とはいえ、なかなか新しいことって大人でもしり込みしてしまうなあと共感するところもあります。本音を言えば、小学生の段階ではどんどん新しいことにチャレンジしてほしいなと思っています。
 その後、運動会に向けて騎馬戦の騎馬を試しに組んでみました。その流れで、うちのクラスの大将騎と副大将騎は前もって決めておこうということで、その後子どもたちで相談して決めました。相談の結果、大将騎の上に女の子が乗ることになりました。応援団長も女の子といううちのクラス。別に男子がふがいないというわけではなく、男子女子ともに候補のいる中での話し合いの結果ですので、なんだかおもしろいなと思っています。なんといっても運動会はクラス作りの大きなポイントです。6年生にとってはさらに大きな意味を持ちます。その中で、いろいろな子が活躍し、責任を果たせる場面がでてきます。男子も女子も共に協力して活躍できたら、担任としてこんなに嬉しいことはありません。いろいろな場面を乗り越えながら、6月には、さらに一歩進んだクラスになっていってほしいなと思っています。
 実は今日も、運動会の種目についての話し合いで、運動会実行委員会で決まったことをうまくクラスの子たちに実行委員さんが説明できない場面がありました。本当に一生懸命やっている実行委員さんたちにはかわいそうだなと思いながらも、みんなに対する責任をもってほしいという思いで厳しく言ってしまいました。僕に厳しく言われ、言葉につまってしまう実行委員さんでしたが、うれしかったのはそれを見ている他の子どもたちの言葉がやさしかったことです。実行委員さんがうまくできなくても、それを暖かくフォローする声かけがたくさんありました。運動会本番までの時間を、クラスみんなが伸びていく時間にしていけたらいいなと思っています。
 4時間目は、「ひたすら通分をする日」と題して、プリントを用意して、ひたすらに通分練習をしました。なんだかんだ言いながら、がんばってみんなスキル練習に取り組んでいました。
 今日は、休み時間が応援団と実行委員の話し合いでまったくありませんでした。明日から、いよいよ応援団の練習が始まります。応援団担当ですので、今月は休み時間はそこにかかりっきりになります。僕自身も楽しみながらがんばりたいと思っています。
by rerere-saru | 2005-05-10 21:06 | れれれさるの学級日誌