小学校教師「れれれさる」の日記です。現在、6年生を担任しています。


by rerere-saru

<   2009年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

c0030103_20272334.jpg
 毎週木曜日の朝は、6年生が1年生と交流する日になっています。グループごとに隔週でいろんなゲームや交流の中身を考え、交流をしています。今日は、1グループがペープサートを用意して発表していました。このための準備の時間は特に設定しているわけではないので、子ども達は、休み時間が放課後にうまく時間を使って1年生に喜んでもらおうと準備をしています。ここにきて残り少なくなってきたこともあり、どのグループも自分たちからより1年生に喜んでもらえるような企画を考えていこうとする姿が見られるようになってきました。

 また6時間目には、市内にあるJリーグのチームが数年前から市内の小学校向けに行っているサッカー教室がありました。育成担当のコーチが、楽しみながらボールに慣れるプログラムを教えてくださいました。c0030103_20272398.jpg
うちのクラスには、男の子だけでなく女の子にもサッカーが好きな子がいるので、前から楽しみにしていた子も多かったようです。今日のプログラムは、そうした子たちだけでなく体育以外ではサッカーをしたことのない子たちにも、楽しめるメニューで、とてもよかったなあと思います。こうした地域に根ざしたプロチームというのはいいですね。
[PR]
by rerere-saru | 2009-01-29 20:26
朝は、もう何年も前から、7時までには学校に行くのが習慣になっています。今の学校でも、僕が朝一番に着いてアラームを解除する係になっています。
さて、今日も朝6時すぎに家を出て、学校に向かいました。家を出る頃はまだ暗いのですが、学校の最寄り駅に着くころには、東の空が明るくなり、なんともいえないきれいな空があらわれます。c0030103_2013576.jpg
あんまりきれいだったので、立ち止まって1枚写した写真がこれです。
その後、学校につくといつものようにアラームを解除します。一度に全ての機械警備を解除できないので、ちょっとした複雑な操作が必要になります。ほとんどの職員の方は、たいていアラームが解除されているか、受付業務の会社の方がいる時間帯に来るので、この操作をしたことのある職員は、実は限られているようです。いつもは最初に僕がやることになっているのですが、時々寝坊して8時ぐらいに行くと、「今日、アラームが解除されていなくて困ったよ・・・」と言われるようになってきました。別に8時30分に着けば遅刻というわけではないのですが、8時ごろに着くと遅刻したように感じてしまう、悲しい自分がいます・・・o(×0×)o
c0030103_20134440.jpg
さて、今日の4時間目は、中学部の美術科の先生がうちのクラスの図工を指導してくださっている場面を見ることができました。木材の細切れを利用して、いろんな箱を作っているそうです。楽しそうに活動する姿を、何枚が写真に撮らせてもらいました。
[PR]
by rerere-saru | 2009-01-26 20:17

練習試合(v^-^v)♪

今日は、うちの学校を会場に、地区の中学校10校ほどのバスケットボール部が集まり練習試合が行われました。僕も、顧問の一人なので今日は一日出ていました。
c0030103_197119.jpg
うちの学校は、まだまだ中学部の生徒が少なく、部活も人数がそろった部のみ成立しています。中には試合のできる人数に満たない部もあります。部活としてはちょっと寂しい状態ではあるのですが、少ないながらもどの部もなんとかがんばっています。そんな状態なので、2つある体育館を使う部は、うちのバスケ部の他に、バレー部、バド部のみで、休日は半分以上空いている状態です。他の学校は、それぞれ男女の部があり、なかなか1つの体育館を十分には使えない状態が多い中、今日のように3面のバスケットコートを1日確保できるので重宝がられています。
さて、試合の結果といえば・・・。他の部は2年生が中心なのに対して、1年生のみのうちの部。がんばっても力の差は歴然としています。1年後、どれだけ差がなくなっているか、それを励みに練習をしていくしかないのかなと思います。
[PR]
by rerere-saru | 2009-01-25 19:23

中学生の職業体験σ(^^)

 今日は、うちのクラスに同じ学校からではありますが、中学2年生の職業体験の生徒が一人きました。その子は、職業体験で「学校の先生」を選んだので、4日間、高学年のそれぞれのクラスに1日ずつ入り、職業体験をしてきました。最終日の今日は、うちのクラスでの体験でした。
 体験といっても、実習生ではないので授業をしてもらうわけにはいかないため、プリントを配ってその説明をしたり、練習問題で苦戦している人の支援をしてもらったりしました。その中学2年生とは、普段からクラブで顔を合わせている人も何人かいて、その子たちからすると、クラブの先輩がクラスに来ているという感覚だったようです。
 さて、うちの学校もいよいよインフルエンザが流行ってきました。これからしばらく流行が続くというニュースもあります。受験を控えた人もいるので、なんとかすぎさってほしいのですが、うちのクラスにも少しずつ体調を崩す人が出始めています。今まで、休む子が少なかったうちのクラスでしたが、これからしばらくは気をつけないといけないかなと思っています。
[PR]
by rerere-saru | 2009-01-22 20:15

社会科の研修会(^-^)

今日の午後、うちの学校を会場に市内の社会科教育研究会の研修会が行われました。支部の先生たちに集まっていただき、最初に地図の活用について、学校用の地図を出版している帝国書院の方に来ていただき、1時間程度、小学生向けの地図指導のポイントを教えていただきました。
その後、市のまちづくり局の方々をお招きして、うちの地区の土地区画整理、地区計画、まちなみ協定のお話をしていただいたあと、参観者で実際にまちを歩いて研修しました。c0030103_201187.jpg僕は、後半の担当者でしたので、これまでなんどかまちづくり局の方々と打ち合わせをしてきたのですが、今日はたくさんの資料をもとに短い時間の中で非常に中身の濃いお話をいただき、ほんとうにありがたく思いました。寒い中での現地視察の研修でしたが、地区計画の通りにまちが作られていった様子がよくわかり、よかったかなと思います。
[PR]
by rerere-saru | 2009-01-21 22:59

中休み( ・∇・)

小学校には、たぶんほとんどの学校で2時間目と3時間目の間に少し長めの休みがあると思います。でも、うちの学校の小学部5・6年生にはその中休みがありません。
というのは、中学部の日課表にあわせ、小学部5年生から50分授業をしているからです。小学部5年生と6年生には、中学部の先生が授業に入ってくださっています。音楽や図工、書写は中学校の先生が専科として教えてくださっています。また、体育、算数などではTTでかかわってくださっています。それぞれ中学部の授業を持ちながら、空いているコマを小学部にかかわっていくことになるので、授業の時間がずれているとなかなかうまくいきません。それを解消するために、うちの学校では小学部の5・6年生は中学部の日課表にあわせて授業時間を設定しています。そうすると、8:45から50分授業と10分休みを繰り返すというのが毎日の時程になるわけです。最初の頃は、中休みがないこと、行間に10分ずつ時間があること、4時間目が終わるのが12:35なので、給食時間が準備と食べる時間を含めて30分しかないこと等、これまでの小学校の時程ではとうてい考えられなかった時程に、子ども達もぼくら教員もずいぶん戸惑いました。でも、今ではだいぶ慣れてきて、なんとか毎日のリズムは保てるようにはなりました。でも、やっぱり給食だけはきつく、日によっては12:50近くになってやっと「いただきます」をするような状態もあるのも事実です。この辺りは、来年以降、なんとか改善していけるといいなあと思っています。
さて、今日のタイトルを中休みとしたのは、今日はひさしびりにうちのクラスにも中休みを設定したからです。今週は中学部の先生がいないので中学部に時程をあわせる必要もないということなので、ふつうに45分ずつ授業をして30分の休み時間を設定しました。普段は10分の行間しかないので、外で遊べない高学年ですが、今日は30分休み時間だよと言ったところ多くの子がよろこんで外で飛び出していきました。やっぱり、小学生には、中休みは必要ですよね・・・。写真は中休みの校庭の様子です。
c0030103_1955313.jpg
今日の中休みは、職業体験の中学2年生たちも何人か小学生たちの遊び相手として外に出ていて、なんだかいつもより校庭はにぎやかでした。僕も久しぶりに、中休みの感覚を味わいました。
[PR]
by rerere-saru | 2009-01-20 20:10
小中がいっしょのうちの学校。普段は小学生と中学生が共に活動していますが、今日からは特別な1週間になります。
というのも、中学生がこれから数日ほとんど校舎内にいなくなるのです。
まず中学1年生は今日からスキー教室。朝、バス2台で学校から出発していきました。
そして中学2年生は、今日から4日間「職業体験」
地域の商店や施設にお世話になるほか、小中一緒の利点を生かし、小学部にも中学生が。4日間全て職業体験というわけにもいかないところもあり、例えば2日は外で残り2日は小学部の1~4年の子ども達と過ごすといった割り振りをしています。そんなことができるのもうちの学校のよさなんだろうなと思います。
中学3年生は、今日は私立高校の出願。朝から、進路担当の先生に書類を確認していただいて、出願に出発。どの子も、やや緊張した表情で出発していきました。
というわけで、普段いるはずの中学生が校舎内にほとんどいない状態が今日から始まりました。
c0030103_1918557.jpgさて、今日の給食は、ランチルームで小学校1年生と6年生がいっしょに食べました。普段はこのランチルームを中学生が使っているのですが、中学生がいないので、その間に小学生が利用させていただこうということで、栄養士さんが交流給食を企画してくださいました。
6年生の普段の給食の姿とはまた違った顔が見られて、良かったかなと思います。
[PR]
by rerere-saru | 2009-01-19 22:47
今日の5・6時間目は書き初めをしました。冬休み中にも、練習が宿題になっていたので、今日はその本番といった形です。教室前の広いスペースを使ってクラスごとに書きました。
c0030103_17275675.jpg6年生は、「心」という1文字を入れて書いています。「誠心誠意」「心機一転」「優しい心」「美しい心」などなど、自分が選んだ字を書きました。


写真を見て、「おや?」と感じられた方もいるかもしれません。うちの学校は教室と廊下を仕切る壁がないいわゆる「オープンスペース」型の教室です。教室前のスペースも広くとってあるので、今日の書き初めのような活動や学年で集まる活動などはそのスペースを利用できます。最初は、教室のドアがないことに子ども達も戸惑っていたようですが、慣れてくると、外を他のクラスの人やお客さんが通ってもほとんど気にならないようになってきました。ただ、冬は学校全体をエアコンで暖めないと寒さがしのげないため、エアコンがフル稼働しています。その点は、ちょっとエコに反する部分かなと思ってはいますが、寒さにはかえられないですね・・・。
[PR]
by rerere-saru | 2009-01-15 23:27

跳び箱の授業ヽ(^0^)

今日は、5時間目に体育をしました。跳び箱の2回目。初めての学校なので、まだ体育館にどんなふうに跳び箱を配置するかも試行錯誤の段階ですが、ただ平行に配置するだけでなく、工夫した場もいろいろと配置できるように考えて、子ども達といっしょに準備しました。
c0030103_17173442.jpg

初めて今の子ども達が跳び箱をやる姿を見るので、果たしてどれほど跳べるのかと楽しみでした。あまりいろいろな技は教わっていないようでしたが、開脚跳びはどの子も意欲的に跳んでいたので、次回からは技の習得に力を入れていこうかなと考えています。
今年度から、水曜日も隔週で5時間授業をしています。昨年度までは、水曜日は4時間だったのですが、授業時数確保のため隔週で時数を増やしています。来年度からは、水曜日は全て5時間にしないと時数が足りなくなるので、市内どこの学校も5時間になる方向のようです。これまでは、水曜日は隔週で研究会の出張が入っていたのですが、これも縮小したり時間がおそくなっての開催になりそうです。研修の機会や他の学校の授業を見る機会が減るのは、残念ですが、仕方のない流れのようです。
[PR]
by rerere-saru | 2009-01-14 22:12
教員というのは、よく声を使う職業です。今日はとくに僕が前にでて話す場面が多く、6時間目が終わる頃には、ちょっと声がガラガラするなという感覚になっていました。授業が再開して間もないこともあり、まだまだ6時間授業に耐えうるのどにはなっていない感じがします。

今日は、うちの学校の給食をご紹介します。このブログでもかつては毎日の給食を写真にして紹介していたのを思い出します。基本的には、同じ市内なのでメニューは変わらないのですが、やはりうちの学校の特色もあります。うちの市内は、自校方式でどこの学校も学校内にある調理室で調理をしています。その調理室も少しずつ民間委託がはじまっているのですが、新設校のうちの学校は最初から民間の業者が給食(中学生のランチも)を作ってくださっています。給食の味はどこも同じと思われるかもしれませんが、実は微妙に違います。うちの学校は間違いなくおいしい部類に入ると思います。具体的に何が・・・と言われるとちょっと困ってしまいますが・・・。とにかく、おいしく感じる給食です。そして、アルミ食器ではない食器もおいしさの秘密かもしれません。
c0030103_20512752.jpg
さて、今日は肉団子スープにコロッケ、スライスチーズ、食パンに牛乳のメニューです。
ふと思い出したのですが、正月に読んだ新聞記事によると、全国的に米飯給食が週平均3日をクリアしたので、今後は週4日を目指すようにという指示を文部科学省が出したそうです。驚いたのはその記事の参考データで、うちの県はなんと米飯給食が週2.5日で全国最低との数字が出ていました。どちらかというとごはんの好きな僕にとっては、もっともっと給食にごはんが増えてほしいところですが、いろいろとむずかしいようです。まあ、僕らも月4000円に満たない額を払うだけで(来年からは値上がりするそうですが)で昼食をいただるので、あまり贅沢はいえないところではありますが・・・。とはいえ、子ども達の成長にもかかわる部分ですので、よりいいものを食べてもらいたいという思いもあります。いずれにせよ、おいしい給食を作ってくださる調理員さんをはじめ、関係者の方には頭のさがる思いでいっぱいです。
[PR]
by rerere-saru | 2009-01-13 21:09