小学校教師「れれれさる」の日記です。現在、6年生を担任しています。


by rerere-saru

<   2008年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 1,2時間目は理科でした。電磁石の実験が一通り終わり、実験キットの発展「サッカーロボ」の製作に入りました。ここからは、説明書を見て各自で仕上げてもらうようにしました。うちのクラスの子たちのいいなと思うことの一つに、教えあいがあります。活動する場面では、自分ができるとごく自然に周りの子に教えてあげる姿が見られます。今日はそれがいっぱい見られました。あんまりにいい光景なので、授業中ではありましたが写真を何枚も撮らせてもらいました。
 さて今日は、同じ学年の先生がちょっと体調を崩したので、3時間目にそのクラスと合同で体育をしました。今はサッカーなので、各チーム2試合ずつ練習試合をしました。ちょっとしたレクのような感じで、2クラスとも楽しそうにやっていたので、よかったなと思いました。
[PR]
by rerere-saru | 2008-01-31 23:05 | れれれさるの学級日誌
 4時間目は音楽でした。いつもは最初だけ見に行ってあとは専科の先生にお任せするのですが、今日は卒業式の歌の練習が中心だったので、30分ほどいっしょに参加させてもらいました。今年から卒業生が演奏する曲を全て歌にしたので、1曲歌う曲が増えました。いろいろと考えた結果「流れ行く雲を見つめて」という曲を増やしてみました。この曲は、歌詞がなかなかいいなと思います。「なつかしい思い出たち 心の支えとして 明日を生きていく」という最後の歌詞が特にいいなと思っています。
 今日は、今年度最後の校内研究の授業研究でした。1年生と個別級の授業でした。僕は個別級の記録担当だったこともあり、ほとんど個別級を中心に見せていただきました。普段もよく接する個別級の子が、いつもとは違った生き生きとした面を見せていることに、とても嬉しく感じました。その後の反省会は、いつもよりたくさんの参加者がいて、ひさしぶりに話せた人もいて、楽しかったです。
[PR]
by rerere-saru | 2008-01-30 21:34 | れれれさるの学級日誌
 朝からはっきりしない天気でした。雨が降ったりやんだり・・・・。うちのクラスは1時間目が体育なのですが、どうしようかと悩んでいると、クラスの子が職員室に入れかわりたちかわり4人も「先生、今日体育どうする?」と聞きにきました。体育の話以外にも「先生、聞いてよ!」と言う感じで話してくるので、いろいろと話をしながら、「ところで、体育どうしよっか?」と気楽に話せることが、なんだか担任として嬉しく感じます。結局、小雨だったので中止にしましたが・・・。
 さて、ここに来て、体調を崩す教員が増えてきています。子どもたちも風邪やインフルエンザ、胃腸炎などを患いやすい時期ですが、そんな子ども達とずっと接している僕らも、それにかかるリスクは人よりもやっぱり多いんだろうなと思います。僕は、あまり病気で休んだことはないのですが、ちょっとした体調を崩すことは年に2~3回はあります。それでも今の学校では、4年間体調不良で授業がある日に休んだことはありません。この仕事は、体調が悪いと本当にきつい仕事なので、休むほど体調を崩すことが今のところ少ない自分の体には、助かっているなあと思います。あまり健康的な生活を送っているとは思えないので、いつしっぺ返しがくるかとドキドキしているのが正直なところですが。
[PR]
by rerere-saru | 2008-01-29 22:18 | れれれさるの学級日誌
 卒業までのカウントダウンを始めました。今日は「卒業式まで36日」でした。一人1日を担当し、みんなへのメッセージを書いてもらってそれを朝の会で読んで、帰りの会で渡すという形にしています。まだまだぴんと来ない感じではありますが、一日一日を大切にするきっかけにしてくれるといいなと思っています。
 最近感じるのは、春ごろに比べて子ども達を叱ったり、それは違うというところを全員に話したりという場面が少なくなってきたなあとおいうことです。同じ学年の先生には、「どうも最近甘くなってきちゃった感じがするんだけど・・・・」とは話すことがあるのですが、よく考え見ると、子どもたちもかなり僕になれて、どこまでやったら叱られるかよくわかっていますし、卒業にむけて気持ちがそろいつつあるのも感じますし、なにより僕もこれからは自分たちでどんどんこのクラスの最後の雰囲気作りをしてほしいという気持ちが強いのだと思います。
 さて、今日は図工で自画像を描く時間を多くとりました。鉛筆の下描きから絵の具で色を付け始めた子も増えてきました。どの子もがんばって取り組んでいるので、なかなかの力作が期待できそうな感じです。来週には半分ぐらいの子が完成するかなと思います。
[PR]
by rerere-saru | 2008-01-28 22:53 | れれれさるの学級日誌
 いろんなものが値上げされていくニュースばかりですが、牛乳もその例外ではないようです。ニュースによると、うちの学校に牛乳を納めている日本ミルクコミュニティは牛乳やヨーグルトなどを4月1日から3・8~7・1%値上げすると発表したそうです。30年ぶりの値上げの理由は、乳牛の飼料用穀物の価格高騰が続いていることだそうです。多分学校に納入される牛乳も値上げされると思いますので、少なからず影響はありますね。
 さて、ここのところ、職場でもインターネットや携帯電話の利用をどう子ども達に指導していくかが話題となっています。先日も職員研修で「ネット社会の歩き方」というネット利用上のモラルや注意点を学ぶサイトを紹介されみんなで見てみました。折を見て子ども達にも、見せていきたいなと思っています。
[PR]
by rerere-saru | 2008-01-27 20:26 | れれれさるの学級日誌
 今日は、職場の先生のお父さんが亡くなり、その告別式でした。葬斎場が僕の家の近くなので、お手伝いをさせていただきました。
 さて、ニュースで、ひさしぶりにほのぼのとする出来事が大きく取り上げられていました。それは15年前に風船につけて飛ばした手紙が、漁師の方に発見されたというニュースです。この風船は、小学校の創立120周年記念で風船につけて飛ばされたもので、当時は拾った方から連絡があったそうなのですが、これが偶然にも千葉県銚子市の沖合いで取れたカレイの背中に張り付いて発見されたというのです。紙に書いた手紙が海の底から読める形で発見されるなんてすごい偶然ですよね。当時小1だったその人も今は早稲田大学の2年生だということで、本当に嬉しそうに映っていました。今日いっしょにお手伝いした先生に、当時その学校にいて風船を飛ばす企画を立てるのに参加された先生もいて、本当にびっくりされていました。こういうニュースばっかりだといいのですけどね。
[PR]
by rerere-saru | 2008-01-26 21:08 | れれれさるの学級日誌
 今日は、6年生最期のお出かけの都内見学。朝8時に学校を貸切バスで出発しました。途中道は少し混雑していましたが、それでも予定通り最初の目的地国会に着きました。
 ところが、予想通り国会は見学の小中学生で大混雑。50分近く待たされた挙句、やっと見学できたものの、トコロテン式で立ち止まることもできず次々と押し出されるように見学は終わりました。国会を出てからバス停にたどり着くまでも前の学校がいてなかなか進めず、予定の時間を大幅にすぎてしまいました。
 その後、お台場に移動し、日本科学未来館で解散。今日は今年一番の冷え込みだったようで、外はかなりの寒さでした。僕は、パナソニックセンター東京にある「リスーピア」という場所にいる担当でしたので、最初に行く子ども達といっしょに向かいました。この「リスーピア」は楽しみながら、理科や数学の法則にふれることのできるとことで、一人一人ディスカバリースコープという機械を渡され、それを使って楽しめるフロアーでは限られた時間ではありましたが、それなりにみんな楽しんでいたようでした。
 お昼も急いで食べないと見学時間が短くなってしまうほどあわただしいグループ活動の時間でしたが、集合時間にはほぼどのグループも集合し、クラスごとに集合写真をとって出発しました。帰りは、道もスムーズで、予定通り帰ってくることができました。
[PR]
by rerere-saru | 2008-01-25 21:10 | れれれさるの学級日誌
 今日は授業参観でした。今日は『言葉の贈り物』という授業をしました。国語の言葉の学習で、教科書にあった「自分がこれまで出会った言葉をまとめてみましょう」という展開を受けて、これまで自分が出会った好きな言葉、励まされた言葉を調べてくるという宿題から、今日の授業をスタートしました。昨日だした宿題にもかかわらず、みんないろんな言葉を持ってきてくれました。全て紹介すると・・・

「立ち止まるな 前へと進め 君が求めたモノは 得られるだろう」「笑う門には福来る」「一人じゃないから現実を見て歩き出そう」「まだまだ」「自信を持って行動する」「辛いことは『幸せ』に続くんだ」「何でもやればできる」「何もできないって思っても、あきらめないでできるようにする」「なんどでもよみがえるさ」「勇気があれば何でもできる」「前へ進み続けよう」「麺を残すな、名を残せ」「前進あるのみ」「幸せはれんさしなくて、不幸はれんさするもの」「一発勝負」「ずーっと友だち」「できる子」「普通でいることが一番幸せなんです」「『飛べない』と言って、飛ばない自分を肯定する、そういうダサイ生き方、そろそろやめましょうか」「全力疾走」「一人じゃダメになりそうでも、またその笑顔に救われる」「いつもありがとう。大好き」「ふりかえらず前へ進み続けよう」「『思い出が時間を止めた』今日の日を忘れるなと」「努力は裏切らない」「今まで私の心をうめていたもの 失って初めて気付いた こんなにも私をささえてくれていた事 こんなにも笑顔をくれていた事」「この世に一つしかない君の個性」「旅立ちの日」「負けないでもう少し最後まで走り続けて」「だいじょうぶだよ」「なんどでもたちあがる」「ありがとう」「雨にもまけず風にもまけず」

といった言葉が子ども達が紹介したものです。その後、僕が集めた100個の言葉を1つ1つカードにし、それを回しながら自分の気に入った言葉を一つだけ選び、それに感想を書いてラミネートして持ち帰るという授業にしました。言葉は時として自分の大きな支えになる、ふとした機会にそんな言葉に出会えるといいなと願いながら、授業を閉じました。
 その後、懇談会。毎回参加者が極端に少ないのが普通になってしまっているうちの学校としては、6人の参観者でもまあまあかなと思ってしまうのが少し悲しいですが、それでも残ってくださった方には少しでも子ども達の様子や学校生活が見えるような話をしようと今回もがんばったつもりです。3月は、最期の懇談会なので、もう少したくさんの方が残ってくださることを願っています。
[PR]
by rerere-saru | 2008-01-24 22:38 | れれれさるの学級日誌
 朝家を出る時には、まったく積もっていなかったのに、学校に着く頃からどんどん雪が積もり始め、授業が始まる頃には、辺り一面雪景色でした。
 そんな中、今日は延期になっていた調理実習「家族がよろこぶおかず」の3回目でした。三人でグループを作り、そのうち二人が調理するのをもう一人がメモをしていくという形の実習もこれが3回目。今日は、僕の出番はほとんどなく、アドバイスをするよりも、安全を見守るのが一番の仕事という感じでした。片付けも実に手際よく、子ども達の成長をふと感じました。
 休み時間は、校庭に大勢の子ども達があふれて、雪で遊んでいました。僕もカメラ片手に出て行きましたが、10分ほどでさすがに寒くなって職員室のストーブにしばらくひっついていました。その後、雪は雨に変わり、夕方にはほとんど溶けていました。一度積もったまま凍ってしまうと、校庭はしばらく使えなくなってしまうので、正直よかったかなと思いました。
[PR]
by rerere-saru | 2008-01-23 22:28 | れれれさるの学級日誌
 今日は、4時間目に体育でサッカーをしました。高学年のサッカーの一番の課題は、女の子が動けないという部分です。ボールの扱いに慣れていなかったり、ボールが怖かったり、上手い子がいる中自分のすべき動きがわからなかったりして、ともすると突っ立っているだけの子も出てきがちなのがサッカーです。先生によっては、男女を分けて試合をさせているのも見たことはありますが、小学校の体育ではできることなら一緒に活動させたいと思っていますので、それは今回もやめようと思っています。
 ところが、うちのクラスの子を見ていると、そんな心配はほぼ無用でした。女の子も普通に動けているサッカー、いや、かなり積極的に女の子も活躍しています。やわらかいボールでやっているということもありますが、自分からキーパーを買ってでる子や、必死にボールを追いかける子が女の子にもたくさんいるのは、見ていて楽しく思えます。
 さて、午後は、隣の学校で、社会科の研究推進校の中間発表会でした。思えば、去年までは、うちの学校が研究推進校で、自分がその研究主任だったので、かなり大変なことが多かったのですが、それもなんだかずいぶん前のような感じがします。今日は3~6年生が8クラス公開していたのですが、すべてを見るのは無理そうだったので、3年生を中心に授業を見ました。指導案の形態や学習問題の設定など、共通して取り組んでいる様子がよくわかりました。再来年にはこの学校を会場に全国大会を行う予定ですので、これからも携わっていくことは多くありそうです。今日は、2年後にむけ、なるほどなと思えることがたくさん見えてきて、とても勉強になった研究発表会でした。
[PR]
by rerere-saru | 2008-01-22 22:18 | れれれさるの学級日誌