小学校教師「れれれさる」の日記です。現在、6年生を担任しています。


by rerere-saru

<   2007年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 卒業文集を書き始めました。うちの学校の卒業文集は、1人1ページをデザインし、その枠の中に思い思いに文章を入れていきます。一人につき1ページをデザインして、文章を入れて仕上げるのは、なかなか大変な作業です。でも、子ども達には一生残るものだからしっかりと取り組もうねと話して、取り組み始めました。なかなかイメージがわかない子もいるので、一昨年の僕のクラスだった子たちの文集をいくつか参考に見せながら下書きを始めました。まだまだ卒業の実感はわいていない子達ばかりだと思いますが、この卒業文集作りを通して、6年間を振り返るとともに、卒業にむけて気持ちを新たにしてくれればいいなと願っています。
[PR]
by rerere-saru | 2007-11-30 22:26 | れれれさるの学級日誌
昨日、全国学力・学習状況調査の結果を配布しました。個人用のデータシートには、個人の正誤データとその問題に対する全国の正答率が書かれています。正直、そのシートを見ただけでは、その子の学力がどの程度なのかを読み取るのは難しいかなと思います。これを70億円以上かけてやってと思うと、いろんな複雑な思いになります。今は学校の平均点や地域ごとの平均点は公開されていないのですが、やがて万が一それを公開するような流れになったとき、データだけが一人歩きし、学力がこのテストで測れるものだけに集約され、そのあまりに限定された学力をつけるためにやっきになって、学校間の格差が助長され・・・とならないことを祈るばかりです。テストで測れる学力ももちろん大切ですが、もっと大切なのは、今目の前の子ども達の学ぶ力やいろんな力を、日々接している僕ら教師が点数化できない部分まで含めてきちんと把握し、伸ばしていく努力を続けていくことだと思います。そんな意味では、学力テストの結果だけに一喜一憂する風潮には、なにか違和感を覚えます。
 さて、今日はあまりに寒かったので、教室のストーブを炊きました。計画では、12月からストーブ使用開始とはなっていますし、灯油の値段が上がり学校の燃料費も心配ですが、教室の中でもジャンバーを着ないと過ごせないような気温では、あまりに子ども達もかわいそうに思いましたので、つけることにしました。うちの教室は普通の教室より広いので、なかなか暖まりにくいのですが、今ぐらいの寒さなら一つのストーブで丁度いい感じでした。
[PR]
by rerere-saru | 2007-11-29 21:37 | れれれさるの学級日誌
 今日は調理実習をしました。毎回、調理実習をやるたびに思っていたのが、3人以上のグループにしてしまうと、場面によってはどうしても傍観者になってしまう子がでてしまうことでした。そこで、今回2人で調理をするという実習をしてみることにしました。とはいえ、37人いるとコンロの数がたりませんので、3人組を作り、そのうち2人が調理をして一人がメモをとるというパターンを3回やることにしました。今日はその第一回目ということで、それぞれのグループから2人が調理をしました。
 2人というのは、なかなかいいなあと思いました。どちらかがリードするにしろ、傍観者になってはなかなか作業がすすまないので、いつもよりどの子も真剣に取り組んでいました。 
 午後は、職員会議のあと、職員研修がありました。車で20分ほどの場所に、江戸時代に掘られた用水があり、その用水を3つの地域に配分する「円筒分水」というものが今から65年ほど前に作られ、今では重要文化財に指定されているのですが、その「円筒分水」の補修工事のためにいつもは水を張っているところを水を抜いて中のしくみが見られるということで、職員みんなで出かけて行き、市役所の方に説明をしていただきました。普段見られない内部が見られるというのは、いいですね。
[PR]
by rerere-saru | 2007-11-28 23:10 | れれれさるの学級日誌
 今日は、中学校の体験入学がありました。今度の四月にほとんどの子が進学する中学校に行って、中学校の先生による体験授業を受けるというものでした。クラスごとに教科が分かれていて、うちのクラスは家庭科でした。中学校の家庭科の先生のほかに、8人ほどの中学生が授業をサポートしてくれました。その中には、僕が2年前教えた子もいて、なんだか嬉しい再会でした。
 50分の授業の中で、子ども達が作ったのはポケットティッシュカバー。裁縫を教えるのは正直あまり得意ではないので、子ども達が困っていてもなかなか支援しきれない部分がある僕の家庭科の授業ですが、今日は中学校の先生が困った子のところにさっといって手助けをしてくださったので、なんとかほとんどの子が時間内で完成させることができました。他の教科と違い、家庭科は小学校では45分を2時間続きでとっているので、中学校の50分授業の長さを実感するという部分はあまり子ども達も意識しなかったようです。帰り際、他のクラスとの合同授業で残っていたかつての僕のクラスだった中学生たちにもたくさん会えて、懐かしく思いました。
 夜は地域教育会議の出張。さっき行った中学校にまた行っての会議です。場所も同じ被服室だったので、なんだかなあと思いました。
[PR]
by rerere-saru | 2007-11-27 22:09 | れれれさるの学級日誌
 今日は、オープンスクールということで、3時間目から6時間目のクラブまで授業を自由に参観していいという日でした。市の人権週間にからめてそれぞれ人権の授業をするということになっていたので、いじめにかかわる話し合いをしました。8つの異なる事例が、1から10の10段階に分けるとしたらどの程度ひどいいじめなのかということを、グループで話し合ってランク付けしていくという授業をしました。人によって、その行為がどれほどひどいかには差があることを実感してもらい、自分は何の気なしにやってしまったことが人をきづつけることがあることに気づいてもらおうという授業をしました。
 そして放課後。今日はうちの学校を舞台にテレビの収録が入っていました。うちの学校を卒業した元プロ野球選手が、校庭で練習をしていた地域の野球部を指導したり、教室で6年生の時の元担任に会ったりするという収録でした。その元担任というのが、今は隣が学校で校長先生をされており、去年まで僕の所属する研究会の会長をされていた方なので、僕もよく知っている先生でした。その先生が今から30年ほど前、僕がいま使っている教室でその元プロ野球選手を担任していたのだそうです。しかも、その元プロ野球選手と同じクラスには、今の僕の担任するクラスのお父さんが同級生でいたことも今日わかって、いろんな驚きやわくわくのあった一日でした。結局うちの教室での収録は1時半ほどかかりました。来月の12日に放送されるそうですので、楽しみです。
[PR]
by rerere-saru | 2007-11-26 22:08 | れれれさるの学級日誌
 今日は、学校に来て仕事をしました。午前中は、クラスの子が男女4人で遊びにきたので、一緒にバドミントンをして遊びました。
 その後、教室の掃除をしました。というのは、明日、うちの教室でテレビの撮影があるからです。以前うちの学校を卒業した元プロ野球選手が、テレビ番組の中で、母校を訪ね、そこで元担任と再会して話をするという段取りなのだそうですが、丁度今の教室がその選手が卒業の時に使っていた教室なのだそうです。うちの教室が全国放送で流れるそうなので、これはきれいにしておかないとと思い、いろいろと掃除をしました。
[PR]
by rerere-saru | 2007-11-25 21:07 | れれれさるの学級日誌
 このごろ、ほとんどテレビを見なくなっています。代わりに、音楽を聴いたり、パソコンでニュースなどをチェックしたりすることが多くなりました。新聞も取っているのですが、ネットで大きなニュースをチェックしているので、あまり見なくなってきています。
 さて、僕は、毎日の出勤時には、音楽を聴いています。放課後、教室で仕事をする場合は、CDで音楽を流しながら仕事をすることもよくあります。家では、お気に入りの曲をリピートして聴きながら、過ごすこともよくあります。最近は、ケミストリーの『最期の川』が一番よく聴いている曲です。
[PR]
by rerere-saru | 2007-11-24 20:06 | れれれさるの学級日誌
 久しぶりの月曜日にかからない3連休ですね。ハッピーマンデーが導入されてからは、月曜日ばかりが休みになって、逆に週の半ばに休みが来たり、金曜日が休みで3連休になることが少なくなって、あまり旅行などをするわけではなく単純に休みが嬉しい僕としては、月曜日以外の休みの方が嬉しく思います。特に金曜日だと、木曜まででいいという気持ちが、喜びが倍増する気がします。時間割も、月曜日が他の曜日に比べて極端に少ないので、月曜日に入っている教科が足りなくなることもあります。そこは、時間割を変更して対応はしますが・・・。とはいえ、次の金曜日の祝日は、再来年までなさそうなので、ちょっとがっかりしているところです。
[PR]
by rerere-saru | 2007-11-23 22:51 | れれれさるの学級日誌
 今日の午後は、就学時健診でした。来年度入学する新1年生の健康診断と面談です。うちのように、160人ちかい子ども達の就学時健診となるとかなり大変な行事になります。僕はなぜか、進行役という全体を指揮する役割になっていました。ほとんど仕事はないかなあと思っていましたが、ふたを開けて見ると、歯科の先生が受付が始まる時間になってもいらっしゃらなくて、急遽順路を変更して内科を先にするグループを作るなど最初はてんやわんやでした。ここの学校では、高学年ばかりもっているので、あまり知っている保護者の方にお会いできなかったなあと感じました。
[PR]
by rerere-saru | 2007-11-22 22:29 | れれれさるの学級日誌
 今日の1,2時間目は、喫煙防止教室がありました。外部からの講師の先生が、たっぷり2時間、たばこの被害についてパワーポイントでわかりやすく説明してくださいました。ちょっとショッキングなデータや写真もありましたが、子ども達は、真剣に聞いていました。最期に、「一人の手」の替え歌で「禁煙ソング」を先生が教えてくださいました。僕は急遽伴奏をしたのですが、その歌詞があまrにおかしくて、笑いながらひいていたのですが、子どもたちには好評でした。
 3時間目は、社会科の授業をしました。政治を先にやっているので、今歴史の学習がようやく江戸時代の終わりにたどりつきました。今日は黒船の来航の学習でした。ペリーの要求に右往左往した江戸幕府になったつもりで、開国するのか、鎖国を続けるのか考えてみるという授業でした。どの子もしっかりとノートに理由も含めて書いていて、ずいぶん力がついてきたなあと感じています。
 午後は、同じ学年の先生が体育の支部授業研究会で授業をしました。僕は別の場所の出張が入っていたのですが、最初の20分ほど授業を見させていただいてから、出張に出かけました。
[PR]
by rerere-saru | 2007-11-21 22:27 | れれれさるの学級日誌