小学校教師「れれれさる」の日記です。現在、6年生を担任しています。


by rerere-saru

<   2006年 06月 ( 49 )   > この月の画像一覧

6月30日の給食 (^0^)/

c0030103_19544996.jpg
今日は自校こんだてでした
十殼米入りごはん、ししゃもフライ、地元産トマト、オレンジジュース、するめ
[PR]
by rerere-saru | 2006-06-30 22:54 | れれれさるの給食日記
 テレビで、「今日で1年の半分が終わりますね」といっていましたが、4月始まりの1年に慣れているとそういう実感はあまりありません。とはいえ「もう7月かあ」とは思います。去年から2学期制になり、この時期の通信簿書きがなくなったのは、気持ち的に楽ですが・・・。
 今日は国語で『インタビュー名人になろう』という学習をしました。本当なら何かの手段のためにインタビューしたり普段は接しない人にインタビューしたりするのが普通だとは思いますが、国語の学習としてはそれを短時間でするのは難しいので、今日はクラスの中でお互いインタビューするという形で練習しました。2時間目の最後にくじ引きでインタビューする相手を決め、インタビューする内容を考えました。相手にはインタビューするのは誰かわからないようにしておくというルールでしたので、だれが自分にインタビューにくるのだろうというわくわく感があったようです。実際に5時間目にインタビューをしましたが、みんなけっこう上手にインタビューしていました。
 
このブログを応援してくださる方は、クリックしていただけると嬉しいです。
ランキングサイトが開きます。

  ↓
にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by rerere-saru | 2006-06-30 22:31 | れれれさるの学級日誌
 今日は午前中、全校あげての『たんけん集会』という行事でした。低、中、高学年が2学年ずつグループを作り、地域や校内に作られた計40近いポイントのうち2つをまわってそこで体験活動をしてくるという行事です。今年で18回目だそうで、毎年地域の方や保護者の方の多大なるご協力で成り立っています。
 高学年のポイントは、保育園や幼稚園、老人福祉施設、地域の農家での体験、昔の話、昔の遊び、和太鼓、外国の文化を知ろうといったポイントなどがあります。僕は、おもしろ科学実験というコーナーの担当でした。このコーナーでも科学体験をボランティアで開いている方に来て頂き、いろいろと不思議な実験を見せていただいたり、実際に自分たちで作って実験したりする活動をしました。テーマは空気で遊ぼうということで、風船と本をどうしたら同時に落とせるかという実験から始まり、下敷き1枚に吸盤をつけて机の上に置くだけで吸盤を引っぱれば机が持ち上がる実験などは子ども達も楽しそうでした。自分たちでやる実験は、長細いバルーンの両端に紙コップをつけて電話を作ったり、ストローとプラスチック容器だけで射的を作ったりするもので、5,6年生の子ども達も楽しそうに作っていました。
 暑い一日でしたので、校外のポイントから帰ってくる子どもたちは、大変そうでしたが、楽しい1日になったようです。

このブログを応援してくださる方は、クリックしていただけると嬉しいです。
ランキングサイトが開きます。

  ↓
にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by rerere-saru | 2006-06-29 22:58 | れれれさるの学級日誌

6月29日の給食 o(^-^)o

c0030103_559591.jpg
野菜のトマト焼き、コンソメスープ、イチゴジャム、食パン、牛乳
[PR]
by rerere-saru | 2006-06-29 21:59 | れれれさるの給食日記
 久しぶりに晴れ間ものぞいた1日でした。気温も30度近くまであがったようですが、風もありましたし、それほど蒸し暑い感じでもなかったので、暑苦しさは感じませんでした。
 今日は1時間目から体育館でソフトバレーボール。そろそろ終わりに近づいてきましたので、6チームで試合中心に進めました。今日はコート数を減らしてその分審判をつけるという形でやってみたので、今まで微妙な判定はすべてじゃんけんで決めていたのを審判のジャッジで決められるので、試合はスムーズに進行していたようでした。
 国語では『仮名づかいのきまり』という学習をしました。教科書にあった「おかあさん」「まあまあ」「こおり」」「いうまでもない」などといった仮名づかいを、教科書は見ない状態でこちらが読んで書き取りをし、あとで答え合わせをしたのですが、意外と難しかったようでした。大人でも時々、これってどっちだっけと思うこともありますよね。この機会に覚えておこうねと話しておきました。

このブログを応援してくださる方は、クリックしていただけると嬉しいです。
ランキングサイトが開きます。

  ↓
にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by rerere-saru | 2006-06-28 22:29 | れれれさるの学級日誌
c0030103_530178.jpg
ロールパン、豚の角煮、もやしのナムル、プラム、牛乳
[PR]
by rerere-saru | 2006-06-28 21:30 | れれれさるの給食日記
 1,2時間目は理科でした。今日は、まずメダカの卵の観察をしました。1週間ほど前からメダカが卵を産み始めたので、日付ごとにわけてとっておきました。それを解剖顕微鏡でのぞいて観察しました。7日目の卵は、目玉がはっきりわかるだけでなく、心臓の動きや血液の流れがわかったり、卵の中で動いたりするので子ども達も、興味をもったようでした。2日目ぐらいの卵と比較するとその成長の違いがずいぶんよくわかりました。
 その後、畑に移動してかぼちゃの受粉の実験。やっと雌花が同じ日に複数咲くようになったので、昨日のうちに今日咲きそうな雌花3つに袋をかけておきました。今日はそのうち、2つの雌花に雄花からとった花粉をつけ、受粉させて再び袋をかけました。途中雄花をとったら中から蜂がでてきてびっくりしました。こどもたちには、蜂が花粉を運んでいることがよくわかってよかったかもしれません。

このブログを応援してくださる方は、クリックしていただけると嬉しいです。
ランキングサイトが開きます。

  ↓
にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by rerere-saru | 2006-06-27 23:17 | れれれさるの学級日誌
c0030103_19502188.jpg
ご飯、ゆかりごま、肉じゃが、みそ汁、冷凍みかん、牛乳
[PR]
by rerere-saru | 2006-06-27 19:50 | れれれさるの給食日記
 1日につき4~6時間、毎時間ごとに違った授業をする小学校の先生という仕事。最近、この仕事は段取り力が大切だなあと感じています。45分をどう段取りして、授業を組み立てていくかということは、同じ授業をくりかえさない小学校の担任という職業では難しさもある分、重要なのではないかなと思います。指示はどうするか、課題はどうするか、早く終わった子には・・・、つまづく子が多かったら・・・、などといった様々な状態に対応できるように段取りをし、事前準備をすることで、同じ45分でも子ども達にはずいぶん違った効果をもたらすのではないかなと感じています。
 そのためには、授業の教材研究や事前に準備をするのはもちろん、どうしたら授業のねらいに到達するのかをこちらがつかんで授業をシュミレーションして複数のパターンを想定しておくことや、子どもの反応に合わせて臨機応変に対応できるような準備があるていど必要なのだと思います。そして、なによりその時々で次の指示を的確に出せるかということが大切だと思います。教師の段取りが悪くて、子ども達が時間をもてあましている授業を時々見かけることがあります。仮に45分の授業で教師側の段取り不足や指示の遅れで3分程度の無駄な時間が出たとして考えてみます。その3分自体はそれほどの時間ではなくても、年間授業時数の3割そんな時間があれと仮定すると合計900分ぐらい、20授業時間分ぐらいの間、子どもの学びがなかったとなれば、これはけっこう大きな差として表れてきそうだなと思います。
 ふりかえってみると、僕も段取りが悪くて子どもたちが何もしていない時間をけっこう作ってしまっていたなと思います。今はなるべくそうした時間がないように努力しているつもりではありますが、やっぱりまだまだ修業が足りないと感じることもあります。これからも段取り力をテーマに授業改善を心掛けていきたいと思います。

このブログを応援してくださる方は、クリックしていただけると嬉しいです。
ランキングサイトが開きます。

  ↓
にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by rerere-saru | 2006-06-26 22:46 | れれれさるの学級日誌
c0030103_19495149.jpg
米粉ロールパン、さわらの野菜あんかけ、わかめとコーンのスープ、牛乳
[PR]
by rerere-saru | 2006-06-26 19:49 | れれれさるの給食日記