小学校教師「れれれさる」の日記です。現在、6年生を担任しています。


by rerere-saru

<   2006年 01月 ( 35 )   > この月の画像一覧

 1時間目が体育でしたので、雨はまだ大丈夫でした。今日も昨日と同様、受験の子や風邪の子でお休みが8人いましたが、サッカーでは、足りないメンバーを試合のないグループから補強するという方法で、総当たり戦の続きをしました。一人一人が一生懸命動いていて見ていても楽しいサッカーです。特に、女の子でサッカーを習っている子も何人かいるせいか、男の子だけのプレーにならないのがいいなあと思います。今日も女の子がシュートを打つ場面も何度かありました。c0030103_20321292.jpg
 給食は今日は自校献立でした。メニューはみそラーメン、揚げシューマイ、焼きおにぎりに牛乳でした。お休みが多く、最初は食べきれるのか・・・と思いましたが、子どもたちに人気のメニューということもあり、41人分を33人で見事完食。栄養士さんも喜んでいました。
 5,6時間目は図工にしました。6時間目は子どもたちに自分たちでやるようにお願いして、5年生の先生の授業を見に行きました。来週5年生の先生が研究授業をするのですが、今日はその流れを他のクラスで確認してみようということで、僕も最初から最後まで見させていただきました。僕ら小学校教員というのは、クラス担任制度ですので、中学などのような教科担任と違い、同じ場面の授業を1回しかできない場合がほとんどです。授業をしてみて「もっとこうすればよかった・・・」という反省を次の授業に生かすには、同じ学年を再度もつ数年後までかかることもしばしばです。今日は来週研究授業をする先生が、他のクラスで一回同じ流れでやってみるという授業でした。やってみて、子どもたちのリアクションをもとに、さらに良い授業にするために、この部分は変えてみよう、新しい資料を用意しよう・・・と事後の反省でもいろいろと意見がでてきました。また明後日、5年生のさらに他のクラスで新しい流れをその先生がやってみる予定です。こうみると、なんだか最初のクラスは試されているみたいですが、時にはこうして試行錯誤して授業を作っていくことで僕ら自身の授業力を高めていく必要があるのではないかと思います。そういう意味で、時には何度か同じ授業を繰り返して、試行錯誤していける場面があってもいいかなとも感じます。

このブログを応援してくださる方は、クリックしていただけると嬉しいです。
ランキングサイトが開きます。

  ↓
にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by rerere-saru | 2006-01-31 20:32 | れれれさるの学級日誌
 1月も最後の週となり、受験生にとっては最後の追い込み&調整の時期に入りました。うちのクラスの受験生は今日からみんな、大事を取ってお休みをしています。他に風邪の子も4人いて、合計10人教室にいないとずいぶん淋しく感じます。子どもたちもどことなく元気がなかったように感じました。とはいえ、それでも30人いるのですから、別にものすごく少ないというわけではないんですよね。かつては、30人ぐらいのクラスを持つことが多かったのですが、このところ1クラス40人にすっかり慣れきってしまって、30人で少ないと感じるようになっている自分に気がつきました。でも、さすがに給食は、お代わりを勧めましたが、けっこうあまってしまいました。朝、栄養士さんに「減らせるなら減らしておいて」とはお願いしてはおいたのですが・・・。
 さて、今日は2時間、図工の時間を取りました。先週から取り組んでいる自画像の続きです。今日から色を塗る段階に入りました。子どもたちには「肌色という色は本当はないんだよ。一人一人肌の色は違うんだから、絵の具の肌色をそのまま塗っちゃダメだよ。唇も決して赤!じゃないからね」ということを伝えました。それでもいきなり塗らせるのは心配でしたので、肌色を別の紙に自分なりに3色ほど作ってから本番の色塗りに入ることにしました。中には30分以上かけていろんな色を作り、自分の肌と比べながら試行錯誤している子もいましたが、安易にチューブから出した色をそのまま使うのではないという意識はどの子も持ってくれていたので、今日は時間は多少かかってもいいかなと思いました。
 6時間目はクラブでした。先週は雪の影響で校庭が使えませんでしたが、今日は校庭でやるクラブも活動をすることができました。気温も暖かく、運動するにはちょうどいい日だったなと思います。

このブログを応援してくださる方は、クリックしていただけると嬉しいです。
ランキングサイトが開きます。

  ↓
にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by rerere-saru | 2006-01-30 19:34 | れれれさるの学級日誌
 このところ、寒い日が続いていた分、暖かく感じた日中でした。今日は、午後から学校にいって仕事をしていました。廊下の書き初めをはずしたり、掲示物を貼ったり、ノートを見たり・・・本当は普段の放課後にやりたいことなのに、時間がなくてできなかったことをこうして休日にやっています。教員になった頃は、まだ土曜日も学校がありましたので、土曜日の午後などにその週で終わらなかったことをやっていましたが、今は5日の中で終わらないことは休日にやる(あるいはあきらめる?)ことになってしまいます。まあ、そんなところにもゆとりがなくなってきているなあと感じます。まあ、もっと仕事を効率よくやればいいのかもしれませんが、僕にはちょっと無理そうです。
 さて、今日の新聞のコラムで「そうだったのか~」と思ったことがありました。それは、漢字の部首「しんにょう」は、しんにょうしか読み方がないとこれまで信じて疑っていなかったのですが、かつては「しんにゅう」と教えられていたということを恥ずかしながら初めて知りました。調査したところによると50代はほぼ全員が「しんにゅう」と答えていて、40代は読み方が混在しますが、30代以下になると「しんにょう」が圧倒的だということです。「しんにゅう」と読むこともあるとは知らず、これって常識はずれか・・・?と思いここに書くのはやめようかと思いましたが、記事によると昭和30年代の教科書は「しんにゅう」で、昭和40年代以降教科書には「しんにょう」か「しんにょう(しんにゅう)」と書かれて「しんにゅう」だけの教科書はなくなったのだとか。はい、たしかに小学生の頃「しんにょう」と教わった記憶がありますから、「しんにょう」しか知らなくてもおかしいというわけじゃないですよね・・・ヾ(・_・;)
しかし、どうして読み方が変化していったのか不思議に思いました。

このブログを応援してくださる方は、クリックしていただけると嬉しいです。
ランキングサイトが開きます。

  ↓
にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by rerere-saru | 2006-01-29 20:24 | れれれさるの学級日誌
 よく考えたら、始業式から土日も含めて毎日学校に行っていることに気づき、今日はゆっくり休むことにしました。
 さていよいよ来週は、中学受験の子たちのとっては本番の週になります。うちのクラスからも何人か受験をする子もいます。ほとんどの子が受験に備えて来週の月、火はお休みするという連絡がありました。しばらく何人かの顔を見られないのは残念ですが、風邪などをひかないようにしたり、気持ちの準備をするためにはしかたないのかなと思います。受験する子の数は地域差がけっこうあります。隣の区では、クラスの半数近くが受験するために、この時期の給食は食べ放題・・・という所もあります。うちの学校は受験生は2割に満たないぐらいですので、そこまではいきませんが、数人いなくなると少し淋しくなりそうです。ぜひいい結果をもって戻ってきて、再来週からは思う存分学校生活を楽しんでもらいたいなと思っています。昨日の帰り際に、その子たちに「うカール」(カールの合格祈願パッケージ)と「キットカット」(きっと勝つ!に引っかけたパッケージ。応援メッセージが印刷されています)を渡しました。
 今日の朝刊に、少子化で高級ランドセルが売れているという記事が載っていました。昨年の最高級品よりさらに高い「7万5千円のランドセル」がすでに売り切れているというお店の話が載っていました。そこまで行かなくても、4万円台後半のランドセルがかなり売れているそうです。そんな高級品を持ってこられると、傷つけたらどうしようと周りの大人が心配になりそうだなあと思いました。

このブログを応援してくださる方は、クリックしていただけると嬉しいです。
ランキングサイトが開きます。

  ↓
にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by rerere-saru | 2006-01-28 21:15 | れれれさるの学級日誌
 いつも間にか今週も金曜日になってしまった・・・という感じです。あっという間に1週間がすぎますね。もうすぐ1月が終わってしまうというのも今日実感しました。
 さて、今日は個別の課題を仕上げる時間を多くとりました。一つは、国語。「平和」について自分なりの考えを意見文に書く学習をしています。構成をたてた段階でこちらが一度チェックして、OKが出たらそれを文章にしていく手順で進めています。しっかりと筋道立てた作文を書くことに苦手意識を持っている子が多く、今回はあえてそこにじっくりと取り組んでもらいました。その分、早い子と遅い子で差が出てきましたが、時間の保証も大切ですので、あえて早く終わった子には自分なりの学習をしてもらいながら、時間を十分にとりました。
 図工の『自画像』でも下描きが終わるまでを今日のノルマにして時間を十分取りました。これもじっくりと時間をかけて描く子が多くいましたので、早く終わった子は別の学習をしている時間になりました。というわけで今日は作業の早い子にとっては、自分の学習をする時間がたくさんあった一日でした。
 6時間目の社会では、歴史の単元がやっと戦争の時代にたどり着きました。政治の単元を先にやっているので、4月から歴史をやっている学校より少し遅くなりましたが、いよいよ歴史の学習も大詰めを迎えたなと感じます。今日は、学校の近くにある神社に全員で出かけていき、そこにある『大東亜戦争戦死者忠霊碑』を見て、単元の導入にしました。その碑には、この地域から出征して亡くなった方のお名前、亡くなった日、亡くなった場所が刻まれていました。最初に亡くなった方は、昭和13年に満州で亡くなっていました。碑をよく見ると、昭和20年になって亡くなった方が極端に多いこと、十七才という若さで亡くなった方もいたこと(ほとんどが二十才台前半でした)、亡くなった場所がフィリピンや中国が多いことなど、これからの学習で調べていくテーマになりそうなこともたくさんありました。
 夜はまた出張。今日は終わったのが八時半ぐらいだったので、おなかが減って大変でした。

このブログを応援してくださる方は、クリックしていただけると嬉しいです。
ランキングサイトが開きます。

  ↓
にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by rerere-saru | 2006-01-27 22:01 | れれれさるの学級日誌
 やっと校庭の一部が使えるようになりました。いつもは2面とるサッカーのコートを比較的乾いている部分1面だけとって、試合と練習を並行して授業をしました。1週間体育なしというのはさけたかったので、今日体を動かすことができてよかったです。
 さて、他の学年では少しずつインフルエンザのかげが忍び寄ってきています。8人ほどお休みのクラスもあったようです。6年生は受験生もいますので、なんとかこのまま流行しないでほしいなと願っています。教室には加湿器を置いてなるべく湿度を高くしようとはしていますが、それ以上あまり有効な対策がとれないだけに、祈るしかありませんね。
 5時間目は習字でした。いつもは教務の先生がやってくださるので、すべてお任せして別の仕事をしているのですが、今日は後半は教室で子どもたちが習字をするのを見ていました。教務の先生曰く「このクラスは上手な子が多いよ」との事でしたが、たしかに適当にさっさと書いて終わり・・・という子はいないので、どの子もある程度丁寧な字に仕上がっているなとは感じました。

このブログを応援してくださる方は、クリックしていただけると嬉しいです。
ランキングサイトが開きます。

  ↓
にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by rerere-saru | 2006-01-26 20:18 | れれれさるの学級日誌
 ニュースでは最低気温がマイナスだと伝えていました。先週末に降った雪がまだあちらこちらに残っています。学校の周辺や校舎のまわりにもまだたくさんの氷が残っています。校庭も三分の一ぐらいはまだ氷に覆われています。このままだといつ溶けきってくれるかわからなかったので、今日は朝から、校庭でかちんかちんに凍っている部分を割って端にどかす作業をしました。子どもたちの登校前からやっていたのですが、なかなか大変で、登校してくる子たちのなかからうちのクラスの子を呼んで手伝ってもらいました。氷が分厚くて、夕方溶けてきたころにまた寒くなって凍ってしまうという繰り返しでこのままだと来週も校庭がぬかるんだままで体育ができないかも・・・と思って、せめてサッカーができる場所だけでも確保しようということで作業をしました。子どもたちも20人ぐらい手伝ってくれました。有無を言わさずお願いしたというのはありますが、やり始めると文句も言わずにやってくれる気のいい6年生たちです。
 1,2時間目は家庭科。今は快適な住まい方の学習で、照度計などを使って明るさを比べたり、風通しや暖かさを比較して、どんなふうにすれば快適な住まい方になるかを調べています。今日はグループごとに、学校の教室や図書室で暗幕を閉めたり、カーテンを開けたり、窓を開けたりして明るさや風通しを調べてまとめる学習をしました。この時期だけに、風通しをよくするために窓を開けると室温は一気に下がります。わかりやすいのですが、ちょっとつらい実験でもありました。
 放課後は職員会議&研究の話し合い。1時45分から始まってすべて終わったのが6時半すぎ・・・。ちょっと、疲れましたね。

このブログを応援してくださる方は、クリックしていただけると嬉しいです。
ランキングサイトが開きます。

  ↓
にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by rerere-saru | 2006-01-25 20:59 | れれれさるの学級日誌
 まだまだ校庭は一面雪というか氷に覆われ使えない状態です。当然1時間目の体育もできませんでした。というわけで、今日は予定を変更して図工の時間をたくさん取りました。
 図工では『自画像』に取り組んでいます。先週は練習でしたが、今日から本番用の紙を用意し、本番に移れる子は移るようにしました。写真を見ながら、鼻→口→目→顔の輪郭(あごの場所)→髪の毛(頭のてっぺんの場所)を鼻の大きさをもとに場所と大きさを決めながら描いていこうねという方法で取り組んでいます。下描きの段階でなんどか試行錯誤したせいか、本番の紙では「似てる!」という絵もたくさんできています。一番難しいのが目です。どうしてもラグビーボールのような目を描きたくなってしまうようで、写真も見ずに目を描く子がたくさんいたのですが、逆に目の形や目の場所がおかしいと似ないので、目については個々にアドバイスをしていきました。来週には絵の具で彩色をしていけそうです。最終的に卒業式会場に飾りますので、いい絵にしてほしいなと思っています。
 6時間目はクラブ活動でしたが、校庭が使えない状態なので、校庭で活動するクラブは中途半端でした。僕の担当のバレーボールクラブも、室内で風船バレーをするグループと、正門前のコンクリートの所が一部雪が溶けていたので、そこで簡単な練習をするグループとに分かれて活動する程度でした。
 天気予報では、明日も寒いらしいです。その分、空気は澄んでいるようで、今日も夜、学校帰りの坂道からは、遠く東京方面の夜景が見え、空にはオリオン座がくっきりと見えました。

このブログを応援してくださる方は、クリックしていただけると嬉しいです。
ランキングサイトが開きます。

  ↓
にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by rerere-saru | 2006-01-24 19:32 | れれれさるの学級日誌
 今日は6年生最後のお出かけの都内見学。最後なので、子どもたちには楽しい思い出を作ってもらおうと、今年はみんなで一斉にぞろぞろ行くのではなく、グループ活動で行ける計画にしました。そこで、グループ活動のしやすい場所としてお台場を選びました。
 まず学校に集合して、そこから貸し切りバスでお台場に向かいました。朝、門の溝の氷が凍っていて門が開かず、急いでお湯をかけてなんとか門を開けました。校庭で子どもたちを集合させるつもりでしたが、一面雪で覆われていましたので、急遽体育館に集合しました。
 バスは4台でクラスごとに乗りました。児童が162人いて、大人も含めると、55人乗りバス3台ではぎりぎり定員オーバーで行かれないため、料金は多少高くなってはしまいますが、1クラス1台でゆったりと行くことができました。都心へ向かう高速道路は多少渋滞していましたが、思ったほどの混雑ではなく、予定より早くお台場の日本科学未来館につきました。
 早く着いてしまったので、科学未来館の外で開館を待つことになったのですが、今日は寒くて大変でした。前の池は凍っていましたし、建物を隙間を通り抜ける風が冷たくて待っている10分ほどがとても厳しく感じました。
 やっと開館になると、子どもたちはそれぞれグループごとに館内を見学し始めました。全グループ最初は科学未来館の中での行動でしたので、僕らもしばらく館内を見ることができました。その後は、お台場の中でグループ活動ということになっていましたので、僕らもそれぞれ担当の場所に散っていきました。c0030103_2012025.jpg
 グループ活動では、主に『船の科学館』『フジテレビ』『お台場海浜公園』『水上バス』『レインボーブリッジを歩く』といったあたりを組み合わせていました。僕はお台場海浜公園にいて、携帯電話で子どもたちの連絡を受けたり、昼食を取る子どもたちの様子を見てまわったりしました。
 今日は天気はよかったのですが、最高気温は3~4度ぐらいだったようで、海沿いの公園は風も強く体感温度はさらに低く感じました。僕もその中でお昼を食べましたが、手袋をしてやっと箸が持てるぐらいの感じでした。子どもたちも寒そうでしたが、元気に過ごしていて感心するばかりでした。
 最終的な集合は14:15分に科学未来館の前でした。さすがにこれまでの行事で何回かグループでの活動を繰り返してきましたので、今回は遅刻したグループもなく集合することができました。
 クラスごとに集合写真を撮って、バスに乗り込みました。バスの中が暖かくて、この上なく嬉しかったです。子どもたちの強いリクエストでビデオを見ることになりました。「ドラえもんしかないよ」と言うガイドさんに「ドラえもんでいい!」と口をそろえて言う子どもたち。6年生なのにオープニングソングを合唱する子たちを見て、思わず笑ってしまいました。帰りは渋滞もなく、予定より20分近く早く帰ることができました。その分、ドラえもんは最後まで見られませんでしたが・・・。
 帰ると、すぐ卒業文集の業者が文集の手直しを持ってきていて、すぐその作業をしなくてはなりませんでした。気づけば5時半ごろになっていました。その後、学年でやっとココアでひと息入れることができました。
 こうして一つ一つ、行事が終わっていくたびに、卒業が近づいてきています。もう少し暖かくなると、いよいよそれが実感として感じるのだろうなと思います。とにかく、今日は疲れました。早く寝たいと思います。ホリエモン逮捕のニュースが気になるところではありますが・・・。(そういえば今日、六本木を通る時、子どもたちがホリエモンがいるところだ・・・と六本木ヒルズを見て言っていました)

このブログを応援してくださる方は、クリックしていただけると嬉しいです。
ランキングサイトが開きます。

  ↓
にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by rerere-saru | 2006-01-23 20:01 | れれれさるの学級日誌
午前中は家でゆっくりしていましたが、午後車で学校に行きました。明日、都内見学で朝、学校に観光バスが4台やってくるため、その準備をしました。準備というのは、うちの学校は丘の上にあり、そこを上っていける道が狭い1本道のため、途中に路駐されると大型が通れないため、路駐を遠慮してもらう看板とコーンを前の日に置く必要があるためです。それに加えて、雪が心配だったので、場合によっては雪かきをしなくてはいけないなと思い、学校に行って見ると学校前の急な坂の部分は雪がたくさんありました。というのも、数年前大雪が降った時には、給食の物資を運ぶトラックが凍った雪のため坂をあがることができずに、農家のトラクターで物資をあげたということがあったからです。
 門の前に人がいたのでよく見ると、PTA会長さんと副会長さんがお二人で門の前の雪を雪かきしてくださっている最中でした。何かにつけて学校のために、子どもたちのために働いてくださる会長さんたちには、いつも本当に頭がさがります。もちろん、すぐいっしょに雪かきをしました。1時間ほどで、門の前の道路の雪はあらかた端によけることができました。何とか明日は大型バスが上ってこられると思います。
 ニュースでは、センター試験のリスニングでの不具合が大きく報じられています。そういえば、6年前に5,6年生で担任した子どもたちも昨日今日と受けているんだろうなと思いました。「ゆとり世代」最初のセンター試験・・・などと言われていますが、昨日の雪、初めてのリスニングにもめげずにがんばってほしいなと願っています。

このブログを応援してくださる方は、クリックしていただけると嬉しいです。
ランキングサイトが開きます。

  ↓
にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by rerere-saru | 2006-01-22 18:54 | れれれさるの学級日誌