小学校教師「れれれさる」の日記です。現在、6年生を担任しています。


by rerere-saru

<   2005年 12月 ( 40 )   > この月の画像一覧

 いよいよ今日で2005年も終わりです。学校は年度単位でやっていますので、まだ『平成17年度』はあと3ヶ月続くのですが、それでも区切りになることもいくつかあります。
 まず手帳。僕の周りの先生たちの多くは教材屋さんから毎年いただく教師用の備忘録を使っている方が多いため、4月始まり3月終わりなのですが、僕は学生時代からずっと1月始まりの手帳を使っていた名残で、今も手帳は1月に新しくします。そういうわけで、手帳に書いたデータなどを書き換えなくてはいけない作業をしなくてはいけません。
 次にカレンダー。教室にはなぜかカレンダーが3つもあります。ポケモンと、天文カレンダーと西武ライオンズのカレンダー。天文カレンダーはすでに学校から新しいのが支給されました。今年のライオンズのカレンダーは子どもが持ってきてくれたものでした。ポケモンカレンダーももらったものなので、来年は教室のカレンダーの数は減りそうです。
 さて、今日は午前中から『女王の教室』の再放送をみていました。その後『ドラゴン桜』の再放送も見ました。一昨日までの『金八先生』の再放送でも昨日の『金八先生』のラストシーンでも、最後は「先生ありがとう・・・」みたいな感じで終わっていました。ドラマですからちょっと無理矢理な感じもしないではなかったのですが、見ていて悪い感じはしませんでした。まあ、あそこまでいかないにしても、卒業など区切りの場面で「ありがとうございます」と言ってもらえることもある職業に就いていられることは、幸せなのかも・・・と思いました。
 これから紅白歌合戦を見ます。やはり僕は紅白派です。年の終わりをなにも格闘技で終わらなくても・・・とずっと思ってきたのですが、いろいろな価値観があるんだなあと最近は思えるようになってきました。今日は時々は、K-1やPRIDEも覗いてみようかなと思っています。

では、みなさん、よいお年を\(^O^)/

このブログを応援してくださる方は、クリックしていただけると嬉しいです。
ランキングサイトが開きます。

  ↓
にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by rerere-saru | 2005-12-31 17:44 | れれれさるの学級日誌
 朝起きたら、『女王の教室』の再放送をやっていて、ビデオに録画しました。正月にゆっくり見ようかと思います。
 さて今日は、毎年12月30日に必ずやっている高校の時の同期の同窓会兼忘年会に行ってきました。卒業して十数年、いまだに集まれる場を作ってくれる幹事に感謝です。
 僕も何年かぶりの参加だったので、楽しみにしていました。集まったのは24人ぐらい。僕らの高校は、同じ学年の人数が160人なので、クラスは一緒になったことがなくてもほとんど顔と名前は一致していて、今日集まった24人もみんな懐かしい顔ばかりで楽しい時間でした。
 懐かしいばかりでなく、同窓会のいいところは、いろいろな道で頑張っている同期の話がいろいろと聞けるところです。一番話をしたのは、システムエンジニアをやっている人で、今度、社内で教育関係のシステムを立ち上げたいということで、僕が先生向けのサイトを作っている話やらブログを作っている話やらをいろいろと聞いてもらいました。
 その他にもいろいろな道に進んだ友達がたくさん来ていました。NやFといったメーカーに研究者として勤めている人、弁護士、検事、一級建築士、公認会計士、グラフィックデザイナー、大学の助手、ITのベンチャーにヘッドハンティングされた人、日銀や内閣府に勤めている人、中には大手広告代理店をやめて牧師になった人もいて、その人たちの仕事の話を聞いているだけでも新鮮な忘年会でした。だんだんみんな、それぞれの場で中心となって活躍できる年になってきていて、昔の馬鹿話をしながらもお互いの仕事の話もでき、時間があっという間にすぎてしまったような気がします。

このブログを応援してくださる方は、クリックしていただけると嬉しいです。
ランキングサイトが開きます。

  ↓
にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by rerere-saru | 2005-12-30 22:23 | れれれさるの学級日誌
 今日は朝からひたすら年賀状書きの一日でした。お昼前に、一度そこまでに書きあがった年賀状をポストまで出しに行き、夕方にもう一度出しに行きました。150枚近く書いたと思いますが、まだまだ先は長そうです。これからまたがんばろうと思います。
 書きながら思ったのが、時々郵便番号がわからなくなって家にある『ぽすたるガイド』で調べていてふと、「この本はいつもらったんだっけ?」ということです。それをもらったのはたぶん数年前。平成の市町村大合併が進む中、きっとかなり使えない本になっているのだろうなと思い、新しいぽすたるガイドが欲しいなと思いました。さいたま市も浦和市や大宮市として書いてあるぐらいの本ですから、ちょっと使いにくいですよね。かといって、うちのパソコンの筆王も4年前のバージョンですし・・・。
 日中は、年賀状を書きながら、金八先生の再放送と、サッカーの天皇杯を見ていました。金八先生の再放送は今日で最終回でした。卒業のシーンはドラマと思っていても、泣けてきますね。ちょっとうるうるしながら見ていたので、その間は年賀状はしばらくストップしていました。その後のサッカーの天皇杯も応援していたレッズが延長でなんとか埼玉ダービーを制するという試合展開だったので、これまたその間年賀状の手が進みませんでした。

このブログを応援してくださる方は、クリックしていただけると嬉しいです。
ランキングサイトが開きます。

  ↓
にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by rerere-saru | 2005-12-29 21:43 | れれれさるの学級日誌
 学校は今日で仕事納め。僕も今日まで子どもたちを学校によんで、文集作りの続きをしました。今日でやっとみんなの個人のページとクラスのページが完成しました。c0030103_131567.jpg今回、クラスのページには似顔絵の得意な子が二人、それぞれクラス全員の似顔絵を描いてくれました。左の写真は、クラスページの表紙になる絵です。あまりに上手に描けていて、みんな感動していました。
 午後までかかってやっと最後の2人が仕上がったところで、僕も帰ることにしました。今日は学校に来てはいても年休扱いにしてあったので、早めに帰ることができました。
 夜にテレビで『プロジェクトX』の最終回を見ました。6年前に始まった頃は、毎週楽しみにしていた番組で、そこに登場する普段はスポットライトのあたらない人たちが誇りをもって自分たちの仕事をやるとげていく場面に、感動をしながら見ていた回が何度もありました。僕としては職業柄、伏見高校の泣き虫先生を取り上げた回が一番印象に残っています。今日の番組でもこれまで放送した中でいくつかの放送分を取り上げていました。その中の一つに伏見高校の泣き虫先生の回のことも取り上げていて、その先生もゲストとして呼ばれていて、なつかしく見ていました。
 だれにだって、一生のうちで自分のプライドと持てる力を全て出しながらやっていくプロジェクトのようなものはあるのではないか、それをやりとげた時の達成感、充実感がその後の人生の大きな支えになるのではないかと番組を見ながら感じていました。レベルは違うかもしれませんが、僕ら担任の仕事も一年一年が一つのプロジェクトみたいなものかあなと感じましたし、だとしたら毎年同じ一年ではなくその時その時、後から思い返してみても悔いのないような仕事をしていかないといけないなあと番組を見終わった後、感じました。
 いよいよ今年も残すところあとわずかです。まだまだ年賀状が書き上がっていません。明日は、年賀状づけの一日になりそうです。

このブログを応援してくださる方は、クリックしていただけると嬉しいです。
ランキングサイトが開きます。

  ↓
にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by rerere-saru | 2005-12-28 23:15 | れれれさるの学級日誌
 今日は、僕にとっては恒例になっている長期休み中の教室の大掃除をしました。暇な子を呼んでお昼付きでワックスがけまでするというのが高学年を持ったときの恒例になっています。今日は25人の子が来てくれて、大勢で教室を掃除をしました。まず、机などを全て廊下に出し、教室の床を重点的に水ぶきし、それでも落ちないしつこい汚れはカネヨンを使って落としました。その後、乾いたところでワックスをかけました。
 子どもたちが大勢いたので、作業も順調に進み、11時15分ごろからお昼ごはん作りに入りました。どちらかというと掃除よりこちらが楽しいようで、毎回楽しみにしてくれている子もいます。c0030103_1735017.jpg今日は子どもたちのリクエストで『たこ焼き』を作ることになりました。材料は僕が買ってきましたが、たこ焼き器は何人かのおうちからもってきてもらいました。たこ焼きは、3つのグループに分かれて焼きながら食べることにしたのですが、みんなでわいわい作るのは楽しいですね。僕は、それぞれのところから少しずついただきました。
 14時半ぐらいにワックスがかわいたところで、廊下に出した机や教壇を入れて作業終了となりました。その後、15時から校内研究の推進委員会を開きました。僕は研究主任という立場ですので、来年度に向けてそろそろ方向性を出していかなくてはいけない時期になってきてその提案のたたき台を作って推進委員の先生たちにいろいろと意見を出してもらいました。年明けには、全体会で提案をしていかなくてはいけませんので、それが僕の冬休みの宿題になりました。
 夜は推進委員のメンバーで反省会をしました。明日も文集の終わっていない子をよんでいますが、授業がないという安心感からずいぶん遅くまで続けてしまいました。

このブログを応援してくださる方は、クリックしていただけると嬉しいです。
ランキングサイトが開きます。

  ↓
にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by rerere-saru | 2005-12-27 23:35 | れれれさるの学級日誌
 今日は午前中、まだ卒業文集が終わっていない子や文集実行委員さん、アルバム実行委員さんを学校によびました。12月中はずっと集団下校だったため、放課後に残して作業することがまったくできなかったので、しかたなくそういう形にしました。でも案外、休みに学校に来ることを楽しんでいる子も多く、楽しそうにやっている分、作業はなかなか進まずといった感じでした。
 午後は、研究会の出張。先日行われた授業研究会の事後研究でした。18人ほど集まり、3時間以上も一つの授業について細かく分析しながら、話し合いをしました。
 さて、ニュースを見ていたら、今年の最後に『うるう秒』を実施するという記事を見ました。それによれば、地球の回転によって生じた時間のずれを調整するため、2006年の開始を1秒遅らせるのだそうです。米国立標準技術研究所が、協定世界時で午前零時になった瞬間に、世界中の原子時計に1秒足すと発表したもので、23時59分59秒と00時00分00秒の間に、23時59分60秒を挟むのだそうです。この結果、今年最後の1分間は61秒となるのだそうです。カウントダウンもこれを考慮してやらないといけないんですね。ん~、それとも世界時だから日本時間では0時の瞬間じゃないのかな?よくわかりません。でも記事をよく見たら、7年前もやっているのだとか・・・。気付かなかったなあ。

このブログを応援してくださる方は、クリックしていただけると嬉しいです。
ランキングサイトが開きます。

  ↓
にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by rerere-saru | 2005-12-26 23:30 | れれれさるの学級日誌
 昨日の夜、夜行バスで岩手を出て、今朝7時ごろに家に着きました。バスは、雪がない地方に入るとスピードをあげて走っていたようですが、寝ていたのでその振動の速さでそれを感じていました。c0030103_631915.jpg
 今日はテレビを見ながら、年賀状を作りました。僕の場合、教員になってからは、年賀状は毎年パターンが決まっています。その年に担任している子どもたちの集合写真を絵にして、それに一言その年の中でいいなと感じた言葉を添えて印刷しています。今日は約250枚ほど印刷しましたので、夜中までかかってしまいましたが、早くやらなきゃと気になっていましたのでほっとしました。明日から宛名を書きを進めたいと思います。
 テレビでは、有馬記念をやっていました。3歳馬の世界では敵なしのディープインパクトでしたが、とうとう負けてしまいました。ゴールしたあとの、16万人はいたであろうスタンドの人たちのなんともいえない雰囲気がよく伝わってきました。こんな時代だからこそ、「絶対負けない」という夢を信じた人たちがほとんどだったのだろうと思います。でも、どんな勝負もいつかは負けるときが来るという現実を教えてくれたのかなとも思います。
 そんなこんなで今年のクリスマスはまったくクリスマスらしい雰囲気のないまま過ごしてしまいました。

このブログを応援してくださる方は、クリックしていただけると嬉しいです。
ランキングサイトが開きます。

  ↓
にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by rerere-saru | 2005-12-25 23:31 | れれれさるの学級日誌
 今日まで岩手県の方にいました。ニュースでは、12月にしては記録的な雪が降ったそうで、朝起きてまず妻の実家の前の雪かきをしました。神奈川ではまず考えられないような雪の積もり方で、雪かきをしないと車が動けないぐらい雪が積もっていました。
 帰りは今日の夜の夜行バスを予約してあったので、日中は時間がたっぷりとありました。そこで、時間つぶしにと映画を見に行きました。見た映画は『あらしの夜に』という映画。絵本の『あらしの夜に』のシリーズをまとめてアニメで映画化したものでした。最初のほうはストーリーを知っていたのですが、続編は読んでいなかったのでストーリー展開も楽しみにしていました。原作と同じなのかどうかはわかりませんが、まあまあ楽しめたかなとは思いました。c0030103_17201540.jpg 
夜の11時すぎに夜行バスに乗りました。スキーバス以外で夜行バスに乗ったのは初めてでしたので眠れるかどうか心配でしたが、一人一人の席がゆったりと離れてとってあって案外快適に眠れました。新幹線の半額程度ですから、多少の我慢は必要かなと思いましたが、案外よかったです。




このブログを応援してくださる方は、クリックしていただけると嬉しいです。
ランキングサイトが開きます。

  ↓
にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by rerere-saru | 2005-12-25 07:20 | れれれさるの学級日誌
 今日は岩手県で、妻の弟の結婚式がありました。弟は実家で経営している幼稚園で先生をしていますので、披露宴にも幼稚園関係の方がたくさんきていました。
 こちらの披露宴は、長いというのは聞いていましたが、3時間をゆうに越す披露宴で、確かに長いなと感じました。でも、その分中身は濃いもので、なるほどこういう披露宴もいいなあと身内の結婚式ではありますが、感心してみていました。c0030103_18514492.jpg
新郎新婦ともに幼稚園関係ということもあり、入り口にはかわいい『トトロ』が出迎えてくれました。スピーチにも教育関係の方のお話があり、その中でなるほどと思う話がありました。それは、弟の小学校時代の校長先生のスピーチだったのですが、『愛には「~の」が大切だ』というお話でした。子どもたちや相手の話に、「~だったの」とまず返してあげなさいというのがその「~の」の意味でした。子どもたちの話をまずそのまま認めてあげて、そこから話を進めていきなさいとその校長先生は先生たちにいつも言っていたのだそうです。僕も、「~の」を大切に子どもたちと接していきたいなと感じました。

このブログを応援してくださる方は、クリックしていただけると嬉しいです。
ランキングサイトが開きます。

  ↓
にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by rerere-saru | 2005-12-23 22:51 | れれれさるの学級日誌
 去年までなら『終業式』と言えばよかった日ですが、2学期制を導入しているうちの学校では、冬休み前最後の登校日となります。当然通信簿を渡しませんし、終業式もしませんので、その分授業をすることができます。というわけで、算数のテスト、漢字のテストを行い、社会科の授業も進めた冬休み前最後の登校日でした。
 4時間授業をして、最後に子どもたちに冬休みの注意をしてさようならをしましたが、まだ卒業文集の個人のページが終わっていない子や文集委員さん、アルバム委員さんは冬休み中に学校に呼んでいますので、来週も会える子がたくさんいます。27日には僕にとっては恒例の『長期休み中の大掃除』をクラスの子を呼んでやりますので、そのときにもたくさんの子に会えそうです。
 そんなこんなであんまり冬休み気分でないまま冬休みに突入した感じがします。28日の仕事納めまで忙しそうです。12月までで年休簿も区切りとなります。40日取れるはずの年休も3日しかとっていないので、もったいないなあと思いながら、結局使わずじまいでした。20日分だけは来年に繰越になりますが、それを超える分は繰越になりません。くやしいので、27日や28日は学校にきますが、年休扱いにしてみました。
 さて、ニュースではとうとう日本が人口減少時代に入ったと伝えていました。僕ら教員にとっても気になるニュースです。それによれば、今年一年間に生まれた赤ちゃんは百六万七千人で、死亡数は百七万七千人となり、出生数が死亡数を下回る「自然減」になるのがほぼ確実になったそうです。予想よりも早くその時代を迎えたとのこと。子どもが減れば減るほど教育の果たす役割は大きくなっていくのではないかとも思います。でも、2100年には人口は今の半分ぐらいになると聞くとやっぱりショックですよね。
 今日は、学校が終わるとすぐ東北新幹線に乗り、妻の実家の岩手県に向かいました。上越の方は大雪と停電の影響でダイヤが乱れていましたが、東北新幹線はほぼダイヤ通り動いていました。明日は妻の弟の結婚式があります。年の瀬ではありますが、3連休ですので、日程的にもよかったかなと思います。

このブログを応援してくださる方は、クリックしていただけると嬉しいです。
ランキングサイトが開きます。

  ↓
にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by rerere-saru | 2005-12-22 23:56 | れれれさるの学級日誌