小学校教師「れれれさる」の日記です。現在、6年生を担任しています。


by rerere-saru

<   2005年 11月 ( 45 )   > この月の画像一覧

c0030103_198864.jpg
きのこのビーフシチュー、シュガーレーズンパン、ブロッコリー、牛乳

うちの市では、月1回、学校独自の『自校献立』の日があります。
今日はその日でした。
周りが畑ばかりのうちの学校。今はブロッコリーやキャベツが収穫の時期を迎えています。今日の自校献立のブロッコリーは学校の周りの畑で採れたものです。地元も地元、学区で採れたものを給食で食べられるなんて幸せだと思いました。

このブログを応援してくださる方は、クリックしていただけると嬉しいです。
ランキングサイトが開きます。

  ↓
にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by rerere-saru | 2005-11-30 19:08 | れれれさるの給食日記
 朝のニュースで広島の事件の犯人が逮捕されたということが報道されていました。今日は朝から先生たちも子どもたちもそのニュースの話題をしていました。とにかく逮捕されたことで、地元の保護者の方々や先生方は、許せない思いは残るにしろある面ではほっとされたのではないかなと思います。ただ、やはり犯人は近所に住んでいたということで、これからもそういった事件がいつどこで起こるのかわからないなあという不安な思いは残ります。うちの学校も引き続きもうしばらく集団下校をしていく感じです。
 さて、今日は1時間目の算数から昨日の続きで『分数と分数のわり算』の授業の2回目でした。僕の説明ばかりの授業でしたが、最後まで子ども達が集中して聞いていたので、なんとなくわかってくれた子が多いのではないかと思っています。単元としてもおもしろい部分ではないのに加えて、僕の説明もけっしてうまいとは言えないのではないかと思っていますが、「ここは大切だから・・・」と言うとしっかりと聞こうとする姿勢を持てる子どもたちになってきていることを感じています。
c0030103_18324987.jpg4時間目はうちのクラスは音楽の時間だったので、校長先生が6年生のほかのクラスの子たちに『タグラグビ-』を指導していたのを一緒に見させていただきました。校長先生は若い頃、アメリカンフットボールをされていたということで、いつかは子どもたちにフットボール系の競技を指導したいと思っていたそうです。今回はこの6年生への授業のために、フットボール協会の知り合いの方からボールやら40人分のタグやらをいただく交渉までしてくださいました。時間の都合がつけばフットボール協会の方がきてくださることになっているのですが、なかなか都合が合わないということでしばらくは1クラスずつ校長先生が指導に入ってくださって基本から教えてくださっています。まだまだ子どもたちにはゲームとしての全体像がつかめていないので、動きもぎこちない感じですが、初めて触った楕円形のボールや初めてつけたタグには興味があったようです。僕自身もまだよくルールがつかめていない段階ですので、そのクラスの授業をしばらく見させてもらいながら勉強させてもらおうと思っています。

このブログを応援してくださる方は、クリックしていただけると嬉しいです。
ランキングサイトが開きます。
  ↓

にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by rerere-saru | 2005-11-30 18:32 | れれれさるの学級日誌
今日は朝から強い風が吹いていました。家の前の道路には落ち葉がたくさん落ちていました。学校に行っても風は強く、丘の上にあるうちの学校は大変でした。校庭には砂埃が舞っていましたので、スプリンクラーで水をまいたのですが、その水もけっこうあおられるぐらいの風でした。そんな中、1時間目は外でソフトバレーをしました。ただでさえ軽いボールでやるので、あげたボールが風にあおられかなりしんどい中、子どもたちは一生懸命活動していました。c0030103_19583534.jpg
2時間目は算数でした。今日から『分数と分数のわり算』に入りました。僕にとっては、小学校の算数の中で一番教えにくいところだと感じています。まずわり算の意味を復習してから入ろうと、わり算をする場面には「等しく分ける」以外に「1あたりの量」を求める時があることを確認した時点でかなりあやしい子もいた感じでした。その後分数同士のわり算に入り、図を使ってなんとか分数同士のわり算は、かけ算を使った式に変更していけることを説明しました。今日は割る数の分子が1の場合でしたが、明日は分子が1以外の数で割る分数同士のわり算になります。ただ「分数のわり算は分母と分子を逆にしてかける」と機械的に覚えるのではなく、なぜそうしていいのかを理解してほしいと思っているのですが、毎度のことながら教えるのが難しい単元だなあと感じます。というわけで、明日も頑張ろうと思います。
にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by rerere-saru | 2005-11-29 19:58 | れれれさるの学級日誌

11月29日の給食 o(^-^)o

c0030103_19572667.jpg
もやしのカレー炒め、筑前煮、食パン、ピーナッツクリーム、牛乳
にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by rerere-saru | 2005-11-29 19:57 | れれれさるの給食日記
 昨日に続き暖かい一日でした。教室は窓を開けていても特に寒くないぐらいでしたし、暖かいせいか休み時間も外で遊ぶ子が比較的多かったなあと感じました。
 朝、学校に行く前にメールを開くと昨年一緒に5年生を組んだ先生からメールがきていました。その先生、現在は海外の日本人学校に赴任された旦那さんといっしょに地球の裏側に住んでいます。昨年その先生が担任された子も10人ほどうちのクラスにもいますので、先日修学旅行の写真をメールに添付して送ったところ、そのお返事が届きました。そろそろその先生にも卒業文集のコメントを依頼しなくてはいけないのですが、それについてもお伝えしたところ、「メールがいい?それともファックス?」というお返事をいただきました。地球の裏側にいても、こうしてやりとりがすぐできるなんてすごい時代だなあと感じました。
 放課後は職員会議のあと出張でした。指導案検討だったのですが、終わったのが9時近くでしたのでおなかがすいてすいて、最後の方の話し合いは非常に辛かったことしか覚えていません・・・。
 もう11月も終わりですね。12月が迫ってくるとなんだか気持ちが焦ってきます。まああの年の瀬の雰囲気はきらいじゃないんですが、オープンスクール、バザー、個人面談、卒業文集アルバム作り・・・と、今年も忙しそうできっと気付けば冬休みなんだろうなと思っています。
にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by rerere-saru | 2005-11-28 23:20 | れれれさるの学級日誌

11月28日の給食 p(^^)q

c0030103_594674.jpg
フランクドッグ、スイートポテトシチュー、みかん、牛乳
にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by rerere-saru | 2005-11-28 23:09 | れれれさるの給食日記
 昨日の夕方はテレビで大相撲を見ていました。朝青龍が史上初の年6場所完全制覇、7連覇、年間最多勝を達成するのを見たかったからです。結びの一番、魁皇との取り組みは会場のほとんどが魁皇を応援する声で「魁皇コール」まで聞こえていました。地元出身の力士を応援する声はその時まではいいなあと思っていました。でも、勝負が決まり、朝青龍の優勝が決まると、優勝した横綱に向かってたくさんの座布団が飛んできました。横綱の涙とは裏腹に飛び交う座布団を見て、なんだか嫌な気持ちになりました。今日の新聞には「みんな魁皇、魁皇って騒ぐのでさみしくて。一匹狼みたいだった。」という朝青龍のコメントが載っていました。圧倒的な強さが憎たらしくも思えるのもわかりますが、偉業を素直にたたえてあげられない日本人の心の狭さを感じたのは僕だけでしょうか?でも、今日の優勝インタビューでは満面の笑顔でしたし、会場も大きな拍手をしていたのでよかったなと思いました。
 さて、今日は午後から学校に行って仕事をしてきました。卒業文集にこれまで関わってくださった先生たちのコメントを載せるにあたり、これまでの担任の先生の名前や今どこの学校に移られているのかを調べました。来週には依頼を出さないといけないなあと思っています。逆に、僕自身、1校目で1年生で担任した子たちや、2校目で4年生で担任した子たちも現在6年生ですので、きっとそろそろ僕のところにも一言書いて欲しいという依頼がくるのではないかと思います。どんなことを書こうかなと考えながら帰ってきました。
にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by rerere-saru | 2005-11-27 17:26 | れれれさるの学級日誌
 今日は本屋で『生協の白石さん』という本を買いました。以前からネットで話題になっているのは知っていたのですが、本になっているのをみて思わず買ってしまい、一気に最後まで読んでしまいました。学生たちの要望から恋の悩み、くだらない質問に至るまで全てにしっかりと対応して、時にマジメに、時にウィットにとんで、時に商品の宣伝にこじつけて、いろいろな回答をしているのがまとめられていました。読みながらくすっと笑ったり、じわっときたりするものが多くて、読むのをやめられない感じでした。
 子どもたちには、このごろ『コメント力』をつけようねと、国語の授業や日常の場面でコメントを求める場面を作っています。まだまだうまく自分の考えたことや思いをみんなに向けて話せない子がたくさんいますが、この本にある白石さんの回答はその『コメント力』で必要なものを教えてくれるような気がしました。短い言葉でポイントをつかみながらも、読む人聞く人の心に響くような何かを入れてまとめていく力こそが『コメント力』なんだろうなと思いました。僕ら教師も、日常的な場面で子どもたちの話や発言に対してコメントをつけてあげる必要のある場面があります。どうしたら、子どもたちの話をしっかりと受け止め、その子にあったコメントをかえすことができるかということを、この本を読み終わって考えさせられました。
にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by rerere-saru | 2005-11-26 13:34 | れれれさるの学級日誌
 今日は僕自身、落ち着いてすごせた一日でした。いつものように6時55分ぐらいに学校に着くと、いつものように授業の準備をして、いつものように昇降口で子どもたちを迎えました。いつものように男の子たちは「おはよう」の声に小さく返事をしてくれ、女の子たちは、僕の周りで何かしらそこの集まった子同士で一しきり話をしてから教室に向っていきました。
 授業もいつものように進んでいきました。いつものように集中する場面もあれば、いつものようにちょっとしたことで笑いのある場面もありました。いつものように、僕に「こらっ」と注意される場面もあれば、いつものように僕が見守っているだけで子どもたちが学習をしていける場面もありました。
 考えてみるとこうしたいつも通りっていうのが、本当は大切なのかなと思います。何か事件があったり、落ち着かない状況があったりすればいつも通りというわけにはいきませんもんね。考えてみれば、泣いても笑ってもあと70日でこのいつも通りも終わってしまうのですね。
 ただいつも通りでなかったのは下校でした。今日もクラスごとの集団下校。近所の子たちといっしょに帰ってもらいました。「まあ、少しの辛抱だから・・・」と子どもたちもあきらめ顔でした。はやくこれも、いつも通りになんの心配もなくさようならできるようになるといいのですが・・・。
 放課後の学年会では、そろそろ卒業アルバムや卒業文集の話が出てきました。来週には少しずつ文集にも取り組んでいくようになりそうです。
にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by rerere-saru | 2005-11-25 20:16 | れれれさるの学級日誌

11月24日の給食 (^^)

c0030103_684385.jpg
ラザニア、ボイル野菜、ごまドレッシング、ミルクロールパン、牛乳
にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by rerere-saru | 2005-11-24 23:08 | れれれさるの給食日記