小学校教師「れれれさる」の日記です。現在、6年生を担任しています。


by rerere-saru

<   2005年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

8月31日 (^~^)

 いよいよ夏休み最終日になりました。今日はクラスの子どもたちから、明日の用意はなんなんだというメールやら、自由研究の模造紙が足りなくてピンチだというメールやら、宿題が終わらないという謎(・・・?)の電話などいろいろありました。
 さて、今日の午前中は職員会議。今年から年間反省を2回やろうということで、上半期の反省をしました。細かい部分でいろいろと意見がでる反省がたくさんあり、予定の時刻をかなりオーバーしましたが、子どもたちのためという視点さえしっかりと持っていれば意見がわかれるのはいいかなと思います。僕もいくつかの議題については自分の意見を言わせていただきました。
 午後は、夏休み最後の研修。今日は市の国語研究会の会長先生をお迎えして講演をしていただきました。後半にした詩をつかった授業の例は大人でも楽しめる展開で、いつか子どもたちにも紹介したいなと思う題材ばかりでした。
 さあ、明日はいよいよ子どもたちと再会します。今年の夏は研修・出張ばかりで本当に忙しく、あまりにも多い研修にうんざりしていた分、早く9月になってほしいという思いが大きく膨らんでいました。
 夕方からやっと新学期準備のための自分の時間がとれたので、転入生の机を準備したり、ほこりっぽい子どもたちの机を水拭きしたりしながら明日どんなことをしようかなと一人教室で考えていました。
 9月に入ると、6年生は特に鎌倉見学、連合運動会の朝練習、通信簿(2学期制ですので・・・)、研究授業・・・と、やるべきことは山積みですが、それでも早く夏休みが終わってほしいなと正直思っています。こんなにも夏休み中に早く子どもたちに会いたいなという思いがつのったのは、もしかしたら新任以来かな・・・と思うぐらい、明日子どもたちに会えるのが楽しみです。
にほんブログ村 教育ブログへ
 
[PR]
by rerere-saru | 2005-08-31 20:30 | れれれさるの学級日誌

8月30日 ゞ( ̄∀ ̄)

 隣の学校は、今日から新学期でした。2学期制が導入され始めて、夏休みの期間もばらばらになってきました。
 さて、うちの学校は全員出勤日が続きます。今日も研修や会議の予定たっぷりで、逆に落ち着いて新学期の準備をする時間がないのも気になりだしてきました。朝一番で、児童理解の会議。それが終わると、体育とパソコンの研修がありました。これは、校内の先生が講師となって、研修をしました。暑い中でしたが、校庭でボール運動の研修をしました。
 お昼は、みんなで家庭科室で、オムライスを作りました。これは別に研修というわけではなかったのですが、ある先生が給食調理員さんに「プレーンオムレツをどうしたら上手にできるか教えて欲しい」と言ったのがきっかけで、じゃあお昼に実際作ってみて、それをみんなで食べようと声をかけたらほぼ全員で作ることになってしまったというわけです。調理員さんのワザになんとか近づこうとみんなでがんばって作りましたが、なかなかプロのワザまでは到達できませんでした。でも、わいわいと楽しく作れたので、よかったです。
 午後は、学校農園の草刈りと防犯の研修。疲れました・・・。早くこの研修漬けの日々から脱して、授業をしたいと本気で思えるぐらいに疲れてきました。
 防犯の研修は何度かしているので、今回は実際に教室に不審者が入ってきてしまった場合の先生の対応を研修しました。犯人役の方のあまりの迫力に、先生役の先生も頑張って立ち向かっていましたがなかなかうまく対処できません。やっぱり教室まで入られてしまわないことをまず考えなくてはいけないんだなと感じました。
 夜は他の学校の指導案検討の出張。帰る頃には雨が降っていました。いよいよ明日が夏休み最終日。気持ち的にははやく9月になってほしいと思えるようになってきました。まだ準備すべきことはいくつかありますが・・・。
にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by rerere-saru | 2005-08-30 23:51 | れれれさるの学級日誌

8月29日 (-^〇^-)

 うちの学校は校内研究で社会科を研究しています。今日は、その研修会ということで、岐阜大学の北俊夫先生にお越しいただき学習問題作りについてお話をいただきました。今日の研修会は同じく社会科を研究しているお隣の学校と合同で行いました。北先生は、かつて文部省で現行の指導要領の社会科をお書きになった先生です。お話も具体的でわかりやすく、どのように学習問題を成立させればいいのか、どんな学習問題を作るべきなのか、その際の注意点はといったことについてお話いただけ大変勉強になりました。僕は司会でしたので、一番前でお話を聞いていたので、北先生が一つ一つ具体例を交えながら僕らにもわかるようにお話してくださっているのがよくわかりました。
 その後の懇親会でも、岐阜にお帰りになる新幹線の時間ぎりぎりまでお話することができ、得るものの大きかった研修でした。
 懇親会もお隣の学校と合同で行いました。僕は、隣の学校と合同で2校の懇親会をした経験がありませんでしたので、そうした意味でも新鮮な会でした。いろいろな方とお話できてよかったです。
にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by rerere-saru | 2005-08-29 23:28 | れれれさるの学級日誌

8月28日 (*^ー゚)v

 数年ぶりに24時間テレビをけっこう長い時間見ました。一番気になったのが丸山弁護士が100キロを完走することができるかどうかでしたが、最後見事にゴールして北村弁護士と抱き合っているのをみて、ちょっと感動しました。
 今回の24時間テレビのテーマは「生きる」だったそうです。いろいろな出演者が、徳光さんから突然、「あなたにとって生きるとは・・・」と聞かれていて、いろいろと考えながら発言していましたが、僕だったら同じ質問をされたらどんなふうに答えるだろうなと考えながら見ていました。最初の頃は谷川俊太郎さんの『生きる』という詩が頭を巡っていたのですが、番組の後半になって人に感動を与えるシーンをいろいろと見ている中で、いつしか吉野弘さんの『生命は』という詩が頭に浮かんできました。一部を抜粋させてもらうと・・・
「生命はすべて/そのなかに欠如を抱き/それを他者から満たしてもらうのだ・・・
花が咲いている/すぐ近くまで/虻の姿をした他者が/光りをまとって飛んできている/私も あるとき/誰かのための虻だったろう/あなたもあるとき/私のための風だったかもしれない」

という詩です。多くの人の声援を受けて頑張り、それがさらにみんなに感動を与えるシーンを見ていて、誰かのために何かができた時、生きているって実感できるかもしれないなと感じたからだと思います。この詩からも同じようなことを感じますので、僕だったら「生きるって・・・」と聞かれたら、この詩に書かれたようなことを答えるかもしれないなと感じました。
 さて、今日は午後は学校に行って仕事をしていました。明日からは毎日出勤なのですが、研修と会議ばかりで新学期準備の時間がほとんどありません。今日は僕一人しかいませんでしたので、自分の仕事をゆっくりとすることができました。本当は、「もう夏休みは終わりなんだぞ」と自分に言い聞かせるための時間を取りたかったのかもしれません。
にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by rerere-saru | 2005-08-28 21:18 | れれれさるの学級日誌

8月27日 ρ(^◇^)ノ

 夕方から、多摩川の河川敷でバーベキューをしました。集まったのは職場のメンバー12人ぐらい。数人で買出しに行ってくれて、僕は後は焼けばいいという状態で合流させてもらいました。だんだん暗くなる中でのバーベキューでしたが、気温は暑すぎず丁度いい感じで、真っ暗になってもずいぶん長い間やっていました。みんな言葉には出しませんが、これで夏休みのイベントも終わりだなあと感じながらすごしていた人もたくさんいたようでした。
 その後、お店に移動してみんなでわいわいと終電まで話をしていました。
 帰ってニュースを見ると、西武の西口がまたもや完全試合を逃すピッチングだったようでした。今年の5月にも9回2アウトから打たれてノーヒットノーランを逃したのがニュースになったばかりでしたが、今回は9回まで完全試合をしていたのに延長戦になってしまい、10回に打たれたとのこと。なんだかそういうめぐり合わせってあるんですね。
にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by rerere-saru | 2005-08-27 23:37 | れれれさるの学級日誌

8月26日 ( ・∇・)

 台風が意外に南よりの進路をたどったので、思ったよりも被害が少なくてすみました。朝、学校に向う頃には雨もやんでいました。
 その分、暑さが戻ってきた一日でした。すでに今日の午前中に行われるはずの夏休み学習相談は昨日のうちに中止が決まっていましたので、午前中は学校の周りを掃除したら臨時の会議がありました。
 午後は、特別支援教育についての講演会。専門の講師の先生をおよびして、軽度発達障害についての研修を行いました。「学習障害」「ADHD」「高機能自閉症」「アスペルガー症候群」について、それぞれその特徴と行動についての専門的なお話を伺いました。暑い中でしたが、いろいろと参考になる話ばかりでした。多動にもADHDと自閉症でそれぞれ違った理由があるといった話や、軽度発達障害の方の就職の話や、そういった子たちへの肯定的な指示の出し方などなるほどと思う話がたくさんありました。概略的な話より具体的にこうすればいいのですよといった話が、特に僕らには役にたちますね。
 夕方からは、他の学校に地区授業研究会の指導案検討のため出かけていきました。夜の出張が入ってくるといよいよ夏休みが終わって新学期の仕事が始まってきたなあと感じます。
にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by rerere-saru | 2005-08-26 20:23 | れれれさるの学級日誌

8月25日 (><;)

 台風が近づいています。今日は朝から学習相談のために学校へ行きました。僕は日直だったので、朝は電話番をしていました。9時半までに「今日のサマーチャレンジはお休みします」という保護者からの電話を20本ぐらい受けました。あまりに電話がひっきりなしにかかるので、しばらく電話の前に座っていました。
 それでも激しい雨のなか登校してくる子どもたちもいました。しばらくは学習をしていたのですが、10時をすぎる頃から雨がさらに激しくなり、早めに子どもたちを帰そうということになりました。子どもたちはせっかく雨の中来たのに、今日はほとんど勉強できなかった感じで少しかわいそうでした。
 お昼すぎに雨はさらに激しくなりました。うちの学校は丘の上にありますので、外を少し下の方へ歩いてみると道路が川のように激しく流れる雨水に浸っている場所もありました。さらに下の方では、マンホールが水圧で下から押し上げられている場所もあったそうです。
 日直でしたので、年休を取って帰るわけにもいかず、結局5時すぎまで職員室で時々激しく降る雨を見ながら仕事をしていました。ただ、帰る頃には、雨も小康状態になっていたのであまりぬれずに帰ってくることができました。今夜あたりは台風の影響をかなりうけそうです。
 夕刊には東京都の葛飾区の学校が今日から新学期を迎えたという記事が載っていました。夏休みを短くすることで、5日間授業日数を増やすのだそうですが、そのために全校に冷房を設置したのだそうです。冷房を設置してくれるなら多少夏休みが減ってもいいかなと思いました。
にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by rerere-saru | 2005-08-25 18:57 | れれれさるの学級日誌
 今日は、6年の担任4人で9月に行く鎌倉見学の下見をしてきました。雨も心配されましたが、曇りで、暑すぎず丁度良かったです。
 今回の鎌倉見学は、グループ行動をするということと、社会科の研究授業に関わるということを考えながら見ておきたい場所をまわりました。
 最初に行ったのが建長寺の境内の裏山を412段(ぐらい・・・)の階段を上ったところにある半僧坊という場所。ここからは鎌倉のまちが一望でき、鎌倉が本当に3方を山に囲まれ海に面していることがよくわかります。
 次に、北鎌倉周辺をまわったあと鎌倉駅の方に移動して駅のチェックポイントを確認してお昼にしました。
 午後は、名越の切通しに行きました。七切通しのうちでも、当時の切通しの姿をよく残している切通しですので、できれば子どもたちにも見せたいと思います。
 最後に大仏に行って、(アジサイソフトを食べて・・・)帰りました。鎌倉にはもう何度も行っていますが、今日ほど人の少ない鎌倉もなかったなあと思います。土日やアジサイの季節などは人ばっかりの鎌倉にうんざりしますので、今日はそういった意味でとってもいい気持ちでまわることができました。
にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by rerere-saru | 2005-08-24 19:15 | れれれさるの学級日誌

8月23日 Y(^^)!

 今日の午前中は、健康診断でした。昨年度までは2学期の午後だったのですが、今年から大きくそのシステムが変わり、夏休みの間に健診を受けることになり、今日は朝から財団法人の保健衛生協会の建物に向いました。
 ある年齢以上は心電図をとったり、胃のレントゲンをとるため時間がかかるのですが、まだぎりぎりそれがない分検査は思いのほか短時間で済みました。
 健診には身長や体重の測定もあるのですが、生まれて初めて身長が180センチを超えました。記録は180.0センチ!これまでの最高記録179.9センチを1ミリ上回りました。実はそれを記録したのが教採に合格した時の健康診断。思えば、あれも朝からの健診でした。あと1ミリで180センチという数字を目にして「あの~、もう一回測れませんか・・・?」「ダメです」・・・。そうあの時から身長は測るたびに縮むばかり・・・。去年は178センチでした。それは午後の健康診断の記録です。人間の身長が朝が一番というのは本当だったんだなと改めて思いました。
 午後は教育課程研究会という名の実践事例報告会。夕方はその反省会がありました。発表者もよく知っている仲間でしたので、反省会もその実践をもとにいろいろともりあがりました。
 外に出てみると雨。傘を持っていたのは僕ともう一人だけでした。午前中からじゃまな思いをしながらひきづっていた傘がやっと役にたってよかったです。
にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by rerere-saru | 2005-08-23 20:20 | れれれさるの学級日誌

8月22日 (^o^)9

 今日から子どもたちの希望者が学校に来て学習をする教育相談日(うちの学校ではサマーチャレンジとよんでいます)が始まりました。今週いっぱい希望する子どもたちが学校にきて、希望するコーナーの場所に行って、算数のプリントをしたり、パソコンをしたり、自由研究の相談をしたりといった学習をするというものです。今日もパソコンが大人気。特に今日は子どもたちもまだ学習という雰囲気ではない子が多かったようです。うちのクラスは3人の女の子たちが来ていました。
 子どもたちの帰った午後は、教室で仕事をしていました。うちの学校は2学期制ですので、9月に入るといきなり成績つけの作業が本格化するのに備えて、子ども達の作品をもう一度見たり、7月にやってもらったままになっていたワークシートに目を通したりしました。
 夕刊の一面では「教員採用権 全市町村に」という記事がトップでした。市町村が学級定数の基準を定めた上で学校が独自に学級編成ができる制度をスタートさせるのにあわせて、市町村で独自に教職員を採用してもいいという制度だそうです。これを活用すればより少人数教育をしやすくはなりそうです。すでに独自採用して40人より少ない人数で学級編成を実現している市町村もあるようですね。9月からはうちのクラスの子どもたちは40人を超えそうです。市の財政状況によりけりですのですぐにはうちの市がこの制度を利用するというふうにはならないような気もしますが、40人学級をもつのは最後と思って、人数の多いことがプラスになるように考えていきたいと思っています。
にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by rerere-saru | 2005-08-22 18:43 | れれれさるの学級日誌