小学校教師「れれれさる」の日記です。現在、6年生を担任しています。


by rerere-saru

<   2005年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

7月31日

 今朝の新聞の1面に『学校独自にクラス編成』という記事が載っていました。文部科学省は、公立小中学校が1クラス40人に達していなくても学校裁量で加配の先生を担任にするなどして学級の人数を変えることができるように義務教育標準法の改正案を国会に提出するのだそうです。
 一見、僕らの要求している40人学級をもっと少人数にという要求にあっているように感じるかもしれませんが、ようするに「加配の先生の保障はしませんが、できるならどうぞ・・・」ということですよね。もっといえば「国としては、少人数学級は見送り」ということですよね。文部科学省が以前試算した30人学級実現のための新規教員の必要数は全国で11万人、給与は7800億円。これがムリなので、財源の保障はしませんができるならどうぞ、ということでは結局はほとんど実施されないのが現状なのでしょうね。
 うちのクラスは現在40人ですが、この夏休みに一人転入がありそうで、9月からは教室に41人分の机をおいて学習することになりそうです。加配もほとんどないうちの市のような状況では、当分40人学級問題は解消されないのでしょうね。以前は、28人や30人といったクラス担任が多かったので、今の40人と比べて一人一人にもっと関われていたなあと正直感じます。成績処理など人数が増えれば、単純に仕事量やかかる時間が増える仕事もけっこうたくさんありますし、一人一人に関わる時間も当然減ってきますしね。やっぱり一律に1学級の人数を減らす少人数学級化を文部科学省には考えてもらいたいのですが・・・。
 さて、毎週日曜日は朝7時半頃にアラームをセットしています。日曜日ということでけっこうそのまま無視して寝てしまうことも多いのですが、起きられる時は、NHKの『わくわく授業』と『ようこそ先輩』を見ています。今日は、起きることができたので、どちらも見ていました。子どもたちが生き生きと活動するための先生の下準備や配慮、アイデアなどは本当に参考になる場面がたくさんあります。願わくばもう少し朝寝坊しても見られる時間にやってくれるともっといいのですが。
にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by rerere-saru | 2005-07-31 16:06 | れれれさるの学級日誌

7月30日

 今年の夏休みは、3日間ボランティア研修をするということで、元PTA会長さんの農家を3日間お手伝いさせていただくことになりました。今日がその1日目。僕にとっては初めての本格的な農業体験でした。
 そこのおうちは、畑で取れた野菜を直売所ですべて売って成り立っている農家です。まさに「地産地消」をされている農家です。これまでの何度かお話を伺ったり、見学させていただくことはあったのですが、実際に作業をさせていただくと本当にその大変さが身にしみました。
 今日させていただたいた作業は、全て「片付け作業」でした。まず収穫の終わったとうもろこしをいっしょに研修しているもう一人の先生と2人で、抜いてまとめていく作業でした。約1000本ぐらいを1時間半ほどかけて抜いた後、かぼちゃ畑に移動して、やはり収穫の終えたかぼちゃをとめてあった針金を抜いて、かぼちゃも引っこ抜くという作業でした。座って針金をとる作業が思いのほか大変で、途中からは、はって移動するほうが楽だと気付き、よつんばいで移動しながらとっていました。
 午前の作業はここまででしたが、2人ともかなりバテバテ・・・。お昼をごちそうになり、少し休憩したと午後はやはり収穫を終えたキュウリ畑に行き、キュウリの茎を固定してあるビニール紐を支柱からはずすという作業。これは思った以上に時間のかかる作業で午後はまるまるこれに費やしてしまいました。
 やってみて初めて、こうした作業があることやその大変さが分かりました。収穫までの努力はなんとなく分かっても、その後のこうした作業も農家の方の大切な仕事なんですよね。へとへとでしたが、いろいろと考えさせられることの多い研修でした。
 その後、学校に戻りました。シャワーを浴びて、着替えたら今度は、校庭でやっている盆踊りのパトロール。うちの学校は学区が一つの町会ですので、その規模も大きく、今日の盆踊りもかなりの盛り上がりでした。クラスの子の半分以上に会えて、仕事とはいえ楽しい時間でした。
 その後8時半ぐらいに学校を出て、家に帰りました。まだ盆踊りは続いていましたが、ドラマ「女王の教室」をテレビでみようと急いで帰りました。今日も、その不気味さはかわりませんでしたが、主人公が少し吹っ切れた感じがしたので、見ていてずいぶん救われる思いがしました。
にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by rerere-saru | 2005-07-30 22:43 | れれれさるの学級日誌

7月29日

 今日は夏休みに取れる5日間の夏期休暇の一日を取りました。せっかくの休みなので、車でドライブに行ってきました。富士山の方や箱根の方まで、あんなにたくさん走ったのはいつ以来だろうというぐらい走りまくりました。とはいえ、うちの車は軽・・・。山道では、かなりつらそうでした。
 さて、ネットのニュースを見ていたら、平成十六年度の全国の小中高校教員の約三分の二が四十歳以上で、二十歳代の「若手」は一割を切ったという記事が載っていました。これは、文部科学省の学校教員統計調査中間報告で分かったそうで、それによると平成16年度の調査では平均年齢はいずれも過去最高記録を更新し、教員の高齢化が一層進み、小学校では五十歳以上が約三割を占めているということです。うちの市でもこれは例外でないなあと記事を読みながら思いました。今から、退職者が増えることを見越して教員採用枠を増やしていければいいのですが、なかなかそうもいきません。でも、年齢層の偏りは教育にとって決してよいことではないような感じはします。数年たつと一気に退職者が増え、新任の先生を一気にたくさんとらないといけない事態にもなってしまうことも考えられます。今のうちからなんとか対策を取れればいいのに、と思っています。
にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by rerere-saru | 2005-07-29 19:11 | れれれさるの学級日誌

7月28日

 今日は、研究会の常任委員会で一日出張でした。市内の冷房のある学校に集まり、午前中、午後といろいろな会議や研究をしていました。研究会ではいくつかの部会に分かれて所属します。僕が所属しているのは、学年部会では6年部会の部長、支部では中部支部、専門部会ではカリキュラム部会です。それぞれの部会ごとに1時間から2時間程度会議をもちました。
 夜は研究会の暑気払い。といっても普通の飲み会ですが、ここでの話題はもっぱら「2学期制」が中心でした。市内で2学期制にしているのはまだ1割いくかいかないかぐらいなのですが、来年度はほとんどの学校が実施するということで、うちの学校のように今年からやっている学校はどんな感じなのかとたくさん聞かれました。みなさん、保護者の方にどう説明していくのかが大変気になっているようでした。僕としては、先週一人一人の保護者の方にこれまでの学習状況を直接お話し、夏休みの取り組みについて具体的にお話できたのは、2学期制だったからこそだと感じていますので、それについてはメリットとしてお話をしました。あとは、賛否両論いろいろな感想が飛び交っていました。
にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by rerere-saru | 2005-07-28 23:21 | れれれさるの学級日誌

7月27日

 昨日の台風の影響で、今日は学校からの眺めも最高!都心のビル群も富士山を始めとする山々もはっきりと見えました。今日は、職員研修。学区の農家や町会長さんのお宅を訪問し、ぼくら教員が地域の学習をしようという日でした。
 あつ~い日差しの照りつける中、まず1軒目の農家は、温室でトマトの樽栽培をしている方のハウスを見せていただきました。僕自身は去年授業で5年生を連れて見学をさせていただいているので、だいたいの様子はわかっていたのですが、やはり改めて見させていただくと疑問は次から次へと沸いてきますね。お忙しい中僕らの質問にずっとお付き合いいただき、帰り際には袋をいただき、トマトをもいでいっていいよとまで言ってくださいました。お言葉に甘えて、6個ほど熟したトマトをいただいてきました。
 2軒目は町会長さんのお宅。庭にある井戸や防空壕を見せていただいたり、井戸の水を飲ませていただいたり、井戸で冷やしたすいかをいただいたり・・・。いろいろな話を聞かせてくださり、いつまでも聞いていたいところでしたが、3軒目もあるということで残念ながら次へと向いました。
 3軒目の農家は前PTA会長さんのお宅。ここも去年子どもたちといっしょに見学させていただいた畑をまた見学させていただきました。直売所での販売のみでやっている農家ですので、いろいろな種類の野菜を育てています。今は、かぼちゃ、ナス、トマト、枝豆あたりが最盛期です。見学のあと、枝豆を350円で分けていただきました。
 研修を終えて帰ると12時をすぎていました。暑くて暑くて、学校にたどり着くとほっとしました。
 学校では、クラスの子が2人校庭に遊びに来ていたのでしばらく話をしていると、あっという間に出張にいく時間に。
 出張先では、4時間ほど話をしていました。普段学校のある時期ではなかなか4時間も話をじっくりとしている時間がないですので、そういった意味ではこうした会議も大切なのかなと思いました。明日も一日会議続きの出張です。
にほんブログ村 教育ブログへ
[PR]
by rerere-saru | 2005-07-27 20:15 | れれれさるの学級日誌

7月26日

 昨日はぼんやりとサッカーのヴェルディ対レアルマドリード戦を見ていました。Jリーグでは失点しまくりのヴェルディですから、きっと試合にもならないだろうなと思っていたら、なんとヴェルディが3対0の完封勝ち!テレビのアナウンサーも系列のチームの試合だと言うのに、なんだか途中から相手の応援っぽくなってしまうほど番狂わせの試合でした。レアルの圧倒的な強さを期待して見ていた僕みたいな人は、きっとなんだか物足りないものを感じたのではないかと思います。
 さて、今日は出勤日ということで、全員出勤する・・・はずが、出張の人がたくさんいて、かなりさびしい出勤日でした。校内研究も人数がそろわないので、また今度となった話題もありました。よく考えてみると、他の3学期制の学校はうちの学校より早く夏休みに入っていて、すでに先週に出勤日をとって会議や作業をしていたので、今週はいろいろな出張や研修が入ってきているのです。明日も出勤日ですが、僕も明日明後日と出張が入っています。こんなところに2学期制の落とし穴があったかーと思いました。
 それに加えて、台風の接近も気になり、なんだか全体での会議や作業は中途半端になってしまい、なんだか充実感のない一日になってしまいました。こんな日は早く帰るに限ると、台風の接近で風雨が強くなる前に家に帰ってきました。
 
[PR]
by rerere-saru | 2005-07-26 18:13 | れれれさるの学級日誌

7月25日

 今日は動静表の上では「夏期休暇」という夏休みに5日間とれるお休みでした。でも今日も一日学校に行っていました。5日保障された休みですら消化しきれないほど今年の夏休みはいろいろと予定が詰まっています。
 今日はクラスの子どもたちを呼んで教室掃除をしました。僕にとっては恒例の行事なのですが、長い休みの時には子どもたちに協力してもらい教室の大掃除とワックスがけをします。今日はクラスの子とその兄弟合わせて17人ほどが掃除に参加してくれました。
 まず教室の机、イスをはじめ教壇、先生の机、オルガンなどを全て廊下に出します。うちの教室は木の床なので、「カネヨン」をまきながら教室の床を磨きます。その後水ぶきをして、乾いたらワックスがけをするわけです。
 ここで午前の部終了。この掃除のもう一つ恒例のことは、お昼つきということ。今回は、「そうめん、冷むぎ、そば、うどん、きしめん」をゆでて食べたあと、カキ氷をいうコースでした。もちろん、作るのは自分たち。家庭科室を借り切ってみんなで手分けをしてゆでて食べました。
 その後ワックスが乾くまで外で遊んだ後、床をポリッシャーで磨いて廊下にだした机やイスなどを入れたら掃除は完了。その後しばらく遊んでから子どもたちは帰っていきました。
 その後すぐ夕立が降り出しました。明日は台風で一日雨とのこと。まあ、出勤日ですので、いいのですが・・・。
[PR]
by rerere-saru | 2005-07-25 18:07 | れれれさるの学級日誌

7月24日

 今日は久しぶりに図書館に行ってきました。このごろは本当に図書館から足が遠のいていますが、元来図書館って好きな場所のひとつです。小学生の頃は、僕の住んでいたマンションの1階部分が図書館だったこともあって、遊び場所の一部でしたし、暇をもてあましたら図書館に行っていました。中学生の頃は、レコードが無料で借りられたので、区内の数館の図書館をよくはしごしていました。教員採用試験の勉強の頃もよく図書館で朝から勉強させてもらいました。教員になりたての頃もよく休日に自転車で図書館に行っては本を借りてきていました。それがここ最近ではなかなか図書館に足が向かない日々が続いていました。落ち着いて本を読むことも少なくなってきたなあと思います。授業に必要で読んだり、資料を探したりすることはありますが・・・。この夏休みは少し時間を作って落ち着いて本を読んでみようかなと思っています。
[PR]
by rerere-saru | 2005-07-24 20:58 | れれれさるの学級日誌

7月23日

 職員旅行2日目。昨日寝たのが遅かったので、起きたら9時半をすぎていました。でも、朝食も11時半まで食べられるといういいホテルです。10時をすぎてからゆっくりと朝食を食べに行きました。こんなに遅くまでいるのは僕らぐらいかなと思っていましたが、他の部屋の人たちもけっこうその時間に朝食を食べていました。
 その後は、映画を見に行く人たちもいましたが、ちょっと体調的にも厳しかったので帰路に着きました。帰ってからすぐもう一眠りしていたらぐらりぐらりと揺れ始めるではないですか!けっこう長く、揺れも大きかったので、しばらく立ち上がって揺れがおさまるのを待っていました。すぐテレビをつけると震度5弱という地域もたくさん。うちの近くにも震度5弱のところがありました。その後、電車が夜まで運転見合わせになっていました。きっと映画を見に行っていたら、家に帰る頃には電車が動いていなくてどうしようもなかったなあと思いました。
 
[PR]
by rerere-saru | 2005-07-23 20:17 | れれれさるの学級日誌

7月22日

 やっと夏休み前最後の日を迎えました。3日連続の個人面談でどの先生も疲れ気味でしたので、子どもたちもさることながら、先生たちもやっと夏休みだ~という感じでした。
 終業式がないので、朝は朝会がありました。その中で校長先生からは2学期制になって通信簿をもらわない話や夏休みの注意などの話がありました。
 その後すぐプール。終業式があったらプールはできませんから、それもメリットなのでしょう。曇ってはいましたのが幸いして、気温も水温もちょうどよい感じでした。
 3時間目はなんと算数のテスト。採点して返すのは9月になります。4時間目は子どもたちが決めたそれぞれの夏休みの課題の準備や図書室から本を借りてくる時間にしました。
 その後12時すぎにさようなら。子どもたちもしばらく学校がないことを意識して、いつになく大きな声で「さようなら!」を叫んでいました。
 午後は個人面談4日目。4時半ごろ全て終わってやっとほっとできました。実際には、仕事も出張も研修もまだまだたくさんあって、8月12日までは休みの日はないのですが、それでも授業がないというのは気分的には楽に感じますね。
 夜は職員旅行。日帰り参加もできるようにとここ数年、うちの学校は近くで泊まれる場所にみんなで行くというパターンです。今年は横浜駅のすぐ前にあるホテル。普段はなかなか泊まれない豪華なホテルでした。1次会だけはみんなで盛り上がった後、それぞれの会に分かれました。最後にラーメンまで食べてホテルに戻ったのはそれからずいぶん後でした。
[PR]
by rerere-saru | 2005-07-22 23:11 | れれれさるの学級日誌