小学校教師「れれれさる」の日記です。現在、6年生を担任しています。


by rerere-saru

<   2005年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

6月30日

 今日も朝から雨でした。今日も子どもたちの登校時に昇降口に立っていると、このごろは6年生と同じ昇降口を使う3年生も何人かいろいろと話しかけてくれるようになりました。普段接しない学年の子と話ができるのもいいですね。
 朝の打ち合わせを終えて教室に行くと、席が替わっていました。朝、学級係の子が「先生、朝自習で席替えしていい?」と聞いてきたので、「みんなでしっかりやれるならいいよ」と話したのですが、僕が着くころにはみんな落ち着いて座っていたので、さすが6年生だと思いました。
 2時間目はマット運動。次回の授業では『卒業検定』としてシンクロ技か連続技をやってもらうよというゴールを設定していますので、今日はその練習をしました。技の組み合わせに工夫を加える子がたくさんいて来週が楽しみです。
 うちの学校は2学期制に今年からなりましたので、7月の通信簿がありません。その分、今は気持ち的に非常に楽に授業を進めています。成績にかける労力を授業や子どもとの時間にかけらるのは本当に嬉しいですね。その分、9月以降は、連合運動会や修学旅行といった大きな行事への準備と同時に通信簿を仕上げていく必要があるので大変そうですが・・・。
 
[PR]
by rerere-saru | 2005-06-30 20:04 | れれれさるの学級日誌

6月29日

 久しぶりの雨という感じがします。降る雨を見ながら、水不足の地方にも降っているのかなとちょっと気になりました。
 このごろは朝、昇降口で子どもたちを迎えるようにしています。まあ、そうするようになったきっかけはあったのですが、それはともかく朝登校する子どもたちを見ていると教室とは少し違った顔をみることもできます。朝から元気な子もいれば、起きているのか寝ているのかわからないぐらいのテンションの子もいて、おはようの挨拶も元気に返ってくる子もいれば、反応のない子もいます。僕がいると近づいてくる子もいれば、そのまま通りすぎる子もいます。そんな一つ一つの反応も毎日見ていると「今日はどうなのかな・・・?」とそれぞれについて思えるようになってきて、楽しく感じています。もうしばらく続けてみようかなと思っています。
 さて、今日は調理実習でした。『家族が喜ぶおかず』を3人ぐらいのグループで調理するというものでした。実習そのものはずいぶん慣れてきてただ見ているだけの人などはほとんどなく協力してできるようになってきました。包丁の使い方や火の扱い、調理の手順や片付けなども1年前と比べれば雲泥の差です。来週もう一回「炒める」をテーマにやってみますので、その時は、今日はあまり強調しなかった先を見通して決めた時間の中で調理するということを試してみようかなと思っています。
 午後は、職員会議。うちの学校は全員がそろって会議できる場所がないので、職員会議も職員室でやります。顔を見合わせない分、話し合いがしにくく、意見を言い合う感じにあまりならないのが残念です。もう少し広い場所があればいいのにと、ついないものねだりをしてしまいますね。
[PR]
by rerere-saru | 2005-06-29 19:45 | れれれさるの学級日誌

6月28日

 暑い!暑い!たまりません、この暑さ!あのうだるような暑さの中で学習してる子どもたちってホントにすごいなと思います。
 今日は1時間目に英語ボランティアの方に来ていただき英語活動をしました。6年生4クラスある中で5人の方が2時間ずつ分担して入ってくださり、担任と協力して学習をすすめていきます。今日がその第二回目。一回目の反省をもとにボランティアの方もどうしたらいいか考えながら授業に参加してくださいました。どうしたら授業がさらによくなるのか話し合いながら作っていけるのはとてもいいですね。僕らは教えるプロではありますが、決められた内容を決まった流れでしか教えることができなければそれはプロとは言えませんよね。今回のように5人の方と授業を作り上げていくとなると、まだまだ教えていただいたり、こういう授業の方法の方がいいとアドバイスいただいたりすることもたくさんあります。この英語活動も僕らにとっては一緒に授業を組み立てていく相手がいるという本当に貴重な機会です。手探りではありますが、大切にしていきたいと思います。
 英語活動が終わると汗だらだらでした。ボランティアの方も、「あんな暑い教室で勉強しているなんて子どもってすごい!」とみなさんおっしゃっていました。
 3時間目はマット運動。今日は風がなかったので、体育館がまた暑い!のです。途中で水のみ休憩を取らないといけないぐらいの暑さでした。その中でも、子どもたちはがんばって運動していました。シンクロ技か連続技を発表するのを目標に練習しているのですが、4人そろってのシンクロマットや2人が交差するシンクロ技などもあり、見ていても楽しいマット運動をしている子もでてきました。
 6時間目は学活。出張に出られた先生がいたので、ちょっと教室を外している間に決まったのが、「入院している子に寄せ書きを書こう」ということでした。明後日退院予定ではあるのですが、心やさしい子どもたちに嬉しく思い、以前別の機会に買っておいた色紙を出しました。子どもたち一人一人がそれにメッセージを書いて、隣の教室の妹に託しました。 
[PR]
by rerere-saru | 2005-06-28 20:50 | れれれさるの学級日誌

6月27日

 今日はプール開き。朝、6時半ごろに学校に着いてまずしたことはプールを覗いたこと。水はきれいで(あたりまえなんでしょうが)ホッとしました。いい天気が予想されるので、塩素を多少多めに入れておきました。きれいとはいえ、そこは畑地帯。虫などがたくさん浮いていましたので、水着に着替えて、プールの中に入り虫をすくうこと30分・・・。だいぶきれいになったところで子どもたちが登校してきたのでやめました。
 朝会の後プール開き。まずはめあてを言ったり、校長先生のお話を聞いたり、初泳ぎをしたりしてから全員が入りました。今日は、準備体操なしでシャワーを浴びていきなりプールの中へ!そして、おもむろに大音量で音楽をかけました。かかったのはオレンジレンジの曲。それは運動会の準備体操の曲で、プールの中で準備体操をしました。子どもたちには、伝えてなかったのですが、みんな楽しそうに踊っていました。その後試しに泳いでみました。去年も思いましたが、160人の学年にこのプールは狭くてかわいそうだなという気がします。でもこればっかりはしかたないですね。
 34時間目は疲れ気味の子が多いことを予想して図工にしました。
 今日は午後が出張だったので(しかも2ヶ所・・・)給食前に学校をあとにしました。今日はほとんど子どもたちと個人的な話をしないまま終わってしまったので、なにか物足りない一日でした。
 それにしても梅雨のこの時期にこの天気。学校としては明日も別の学年で校外学習がありますので、うれしいのですが、水不足の声も聞かれ始めていますので気になりますね。
[PR]
by rerere-saru | 2005-06-27 20:10 | れれれさるの学級日誌

6月26日

 今日はミニバスケットボールの交歓会を応援してきました。市内のチームが4つの地区に分けて今週来週とまず順位を競います。
 今日は1校目に1年生で担任した子たちが5人入っているチームと今の学校の学区のチームが同じブロックに入っていましたので、いろいろと応援できて楽しかったです。でも、最後に両チームがブロック1位をかけて対戦する試合では、真ん中で応援していました。
 その試合がとても拮抗したシーソーゲームで3クオーターまで抜きつ抜かれつのいい試合展開で、会場はこれ以上ないぐらい盛り上がっていました。結局試合は第4クオーターできっかけをつかんだ方が勝ちました。
 ミニバスケットボールを見に行くようになって8年ぐらいたちますが、このごろ毎年きちんとメンバーを集められるチームが少なくなってきたように感じます。以前は、6年生中心でメンバーを組めたチームが多かったのが、最近では、メンバーがそろわずに34年生の力もかりないと試合ができないチームや6年生がほとんどいないため5年生中心で前の年臨んだチームが次の年は試合慣れして強くなるといったパターンが多くなってきました。子どもたちの中のスポーツの選択肢も多様化してきたのに加えて、児童数が減ってきている学校も出てきたことも影響しているのかもしれません。子どもの頃にスポーツでがんばった経験はぜひ多くの子に体験してほしいですね。
[PR]
by rerere-saru | 2005-06-26 20:07 | れれれさるの学級日誌

6月25日

 以前の日記帳がこのごろやたら接続できなくなる状態が続いていたので、この機会に日記をBlogに変えてみました。コメント機能がついていますので、お気軽にコメントを入れていただけると嬉しいです。
 さて・・・暑いですね。今日は真夏日になったようで、ヤフーの天気予報にある『ビール指数』も60~70でした。といっても、その指数の基準はよくわからないのですが・・・。
 さて、今日は前任校の子ども祭りに顔を出してきました。子どもや保護者から子ども祭りの案内をメールでいただいていましたので、これは行かなくてはと思い出かけていきました。2年前4年生を担任して異動しましたので、その子たちも6年生。これがもしかしたらその子たちが活動している場面を見られる最後かもしれないなとも感じました。
 子ども祭りはそれぞれのクラスごとに出し物を出す形式のお祭りです。6年生は縄文時代をテーマにした体験するコーナー、ゲームを重ねてポイントを稼いでいくコーナー、すごろくコーナーなどを出していました。廊下でたくさんの子どもたちに会い、楽しい時間をすごせました。
 その後、クラスの子が入院している病院にお見舞いにいってきました。丁度、前任校からバスで5分ぐらいの場所にある病院でした。来週には退院できるのですが、暇を持て余している感じでした。たぶん暇だろうと思い、マンガを数冊差し入れしておきました。気にいってくれるといいのですが・・・。30分ぐらいお話をして帰ってきました。とても元気そうなのでよかったなと思いました。
 あまりにも暑くてその後は外をふらつく気にもなれず、そのまま帰り、家で涼んでいました。
[PR]
by rerere-saru | 2005-06-25 20:07 | れれれさるの学級日誌

6月24日

 さすがに体力的にきつい一週間でした。今日は休み時間に、更衣室で10分ほど横になってしまいました。普段はそんなに疲れることはないんですが・・・。それでも子どもの前に立つと疲れは一時的には忘れることができます。もう自然に体がそういうふうに動く感じになっているような感じです。
 指導要領が変わって、国語の漢字の学習はその年に出てきた漢字は最低限読めるように、次の年に前の年の漢字を必ず書けるようにということになり、それにともなって教科書にも前の年に習った漢字というページがたくさん出てきます。今日の国語の時間は5年生の漢字をプリントにして書く学習だったのですが、なかなか書けない子がたくさんいました。漢字こそ練習をして、実際に使わないと書けるようにはならないとおもいますので、粘り強くこうした時間を確保していく必要があるなと思いました。
 ネットのニュースで小学校の女の子について書かれた記事を見ました。「小学生の女子は見た目は元気でも本当は不安で孤独で、学級委員などに意欲的で一見元気だが、実は男子より強い孤独感を内面に抱え、自己評価も低い」のだそうです。これは大学の先生の調査によるものだそうで、調査では「学級委員や運動会の応援団などの仕事別に『とても好き』『わりと好き』と答えた割合を男女で比べると、小学生は10項目中、給食係を除く9つで女子が男子を上回った」のだそうです。
 この記事を見てたしかにそうだなあと感じます。これまで4回6年生を担任していますが、女の子が積極的で、男の子を引っ張っていくような感じになったときは、学級全体がうまくまとまっていく感じがします。でも記事の最初の部分にあったように、表面では積極的ながら、まわりの目を気にして行動しているのもやっぱり女の子の方だなと感じます。ある意味それがこの時期の自然な気持ちだと思えますが、それが強く出すぎてしまうとお互いの関係がギクシャクしてしまう原因にもなってしまいますので、その部分は担任がいかにクラス作りをコーディネートしていくのかが大切なのかなと感じています。今のクラスはある程度お互いが出るところは出て、引くところは引く関係ができてきているので、この関係を卒業まで続けられたないいなと思っています。
[PR]
by rerere-saru | 2005-06-24 18:08 | れれれさるの学級日誌

6月23日

 二日連続朝は雨でした。2時間目は体育館で、マットの続き。2人同時に同じ技をするシンクロ技や縦につなげたマットで連続技をすることを最後の課題にしていますので、子どもたちもそれにむけて練習を重ねています。一組息がぴったりと合ったグループがいて、他の子どもたちの刺激になっていました。器械運動は、クラスの中に得意な子がいるとそれがどんどん周りへのいい刺激になっていきます。他にもブリッジが得意な女の子がいて、男の子たちもその子を見本に、何度も練習していました。
 夕方から、ほかのクラスの子にもらった野球のチケットがあったので、観戦にでかけていきました。ところが、途中、新任校でお世話になった先生(今は別の学校の校長先生)から「今、数人で集まってるから来ないか?」という電話があり、野球は途中まで見て、合流しました。というのも、集まっているのが今度うちの学校でやるたんけん集会という行事で尺八を教えていただけるようにお願いした方のおうちだったというのもあり、お願いしている以上いかないのは失礼だなということもありました。行くと、8人ぐらいいていろいろな話題で盛り上がりました。ちょっと帰りが遅くなったので、明日一日つらいかもしれません・・・。
[PR]
by rerere-saru | 2005-06-23 21:14 | れれれさるの学級日誌

6月22日

朝から激しい雨。登校してくる子どもたちもズボンのすそをびしょびしょにしてくる子がたくさんいました。
 1,2時間目は来週の調理実習の計画。『家族が喜ぶおかず』を作ります。調理実習は子どもたちも好きな子が多いようで、計画も真剣に取り組んでいました。
 今日は、5時間目に校内研究の社会科の研究授業をしました。なぜ僕がやることになったのかというと、まず最初に研究主任が授業をやって今年の研究の方向性を決めるたたき台になれ、ということでした。どの程度その目的が達成できたのかはわかりませんが、授業としてはまあまあ思っていた通りに流れたかなと思っています。子どもたちもたくさん発言していたのがうれしかったです。
[PR]
by rerere-saru | 2005-06-22 22:16 | れれれさるの学級日誌

6月21日

1時間目からマット運動。子どもたちがいろいろと新しい技に挑戦するようになってきたので、楽しく思っています。今日は二人で同時に同じ連続技をしてそのそろい具合を楽しむシンクロ技にチャンレジするペアが何組かいました。技の完成度もさることながらタイミングもしっかりとそろえなくてはきれいに見えませんので、それなりの練習が必要になる技です。まだまだぴったり合うペアはいないようでしたが、それなりに楽しんで練習していました。
 3,4時間目は図工のポスター描き。言葉にも工夫を凝らしてきた子も多く見られ、直接その言葉を訴えるのではなく、見る人に考えさせたりインパクトを与えて訴えるような言葉を選んだポスターもたくさんありました。「いじめをやめよう」よりも「あなたの勇気を待っています」と書いて、いじめを止めようとしているポスターの方が訴えるものがありますものね。でも、なかなか子どもにそれが伝わらず今日までアイデアスケッチを引き伸ばしていました。そのかいあってか、言葉やデザインを工夫したポスターが増えていました。できあがりが楽しみです。
[PR]
by rerere-saru | 2005-06-21 19:17 | れれれさるの学級日誌